トライな生活
サラリーマン

サラリーマンといえば個人事業者と違い会社が給料をくれるので安定していると思っていました
しかしこの長引く不況と一向に先の見えない不安な時代では、全くそうも言ってられなくなっています

建設会社に勤めて16年
この業界、この会社に入った事が良かったのか などの細かい事は気にもせず無中で働いて来ました
サラリーマンが安定していると考えられるのは、絶対に安心していられるバックである会社がある為でしょうが、現在の日本の状況では絶対は有り得ません

どんなに大きい企業でもどんなに業績が良くても、きっかけ次第では危機に転じてしまう事さえある時代になってしまいました
ましてや苦しい時代を何とか乗り切ろうと必死になっている所も多いはずです

そこで家計に十分な蓄えがあるならばいいのでしょうが、必ずしもそうではない我が家などは非常事態には脆く、とても不安定な状態といえるでしょう

時代に反して終身雇用が当たり前との思いで働いてきた事が、この会社を離れた時の事を考えると余計心配にさせるのでした

時には会社の要求が大変無茶になる事もあるでしょう
また間違った方向に進ませようとしててしまう事もあると思います

組織の中ではある程度は仕方ない部分もあるでしょうが、どんな事に対しても会社の方針に従わなければならない、またそれがすべてという状況は決して良いものではありません
しかし長い間会社に尽くせば尽くすほど、従がわざるを得ない方向に進んでしまうのではないかと思われます

そう考えると何かおかしい気がします
やはり世の中が好調な時は何でもうまくいってた事が、不調になるとになってしまう事ってたくさんあると思います

では1人の人間として何ができるのでしょう
会社の為に一生懸命働くのは当然ですが、社会人としての自分の為にも一生懸命働くべきでしょう

サラリーマン 会社放れりゃ ただの人

確かに自分を含めて、会社や組織に依存しきっている人って多く見られます

会社の一員である自分がそうでない自分になっても、最低限の生活はできるという自信があれば不安になる事もありません
そして仕事をする上でそんな自信を持つ事によって変わる事って随分あると思います

またどこの組織へ行っても通用する人間になる事ができれば怖いものはないし、そういう人間は会社がどんな事があっても手放したくない存在のはずです

簡単な事ではありませんがこのくらいの心構えが必要なのでしょう
ただ方法は人それぞれですが会社に迷惑をかけるようではいけませんし、こうした事はすぐにできる事ではありません

またもう1つに自分を新しい環境におく事への不安がありますし、長く勤めると転職する事への抵抗を感じます

若い人や外資系の企業に勤める人に聞いてみると、転職する事によりいろいろな人経営方針に出会う事が出来のでとても素晴らしい事だと思うと口を揃えて言っていました

確かに振り返ってみると他の会社の事などわからないし、こういう割り切った考え方もあるのだと関心しました

何が正しいかは解からないが時代はどんどん進化しているし、考え方も変わって当然だという気もします

今まで途中で止めると言うことに大変抵抗を感じていましたが、近頃はそこまでこだわる事もないと考えられるようになってきたのでした

イラスト




サラリーマン
サラリーマンのページ

HOME
 トップページへ