トライな生活

ビデオカメラで撮影する


ビデオカメラが普及し、子供の姿を映像で残すという事が簡単に出来るようになった。
カメラの録画ボタンを押せば誰でも簡単に撮影出来てしまう。
しかし技術の進歩が激しい今日、使いこなすという事を考えるとかなり難しい。

更に、HDD・DVD・ブルーディスク・SDカード・ミニDVと記憶メディアも多種多様。

購入時に悩むことも多いが、気をつけないと肝心な時に使えないなんて事にもなりかねない。


運動会の前日になって、ビデオのハードディスクがいっぱいで、パソコンの容量もあまってない。
奥さんと子供に責められて秋葉原に駆け込んだというお父さんもいた。

いつも使っているものではないので、こんなトラブルも仕方がない。

準備を整えて、いざ出発。



また、ビデオカメラで撮影することはしても、見ることは非常に少ないと言う家庭も多い。
せっかくの(お宝?)映像も、このままでは台無し。

我が家でも8mmビデオの時代から合わせると、かなりの量のテープが眠っている。
見ようとしても、ビデオカメラでしか再生出来ず、カメラを引っ張り出してTVにつなぎ、巻き戻して終わったら片付けと、考えるだけで見たくなくなってしまう。

この機会に、DVDに編集して、いつでも手軽にTV画面で見られるようにする決心をした。




まずは、テープの映像をパソコンに取り込むための準備。


@ビデオカメラのヘッドクリーニング


→   クリーニングテープ


自分でやった時はすっかり忘れてしまった。
映像が汚くて、途中で乱れてしまう。
テープの劣化かと思ったが、後にクリーニングテープを使ってヘッドの清掃をしたらきれいに写った。

このとき初めてビデオカメラもこまめなヘッドクリーニングが必要なことを知った。


A外付けHDDの購入



→   外付けハードディスク


PCの容量はどんどん大きくなっているが、保存するデータも大きくなり結局バックアップするものが必要になってくる。

PCへ取り込んだ映像も、どんどんDVDにしてPCから消していけば問題ないが、結局落ち着いて作業出来る時間も限られているので、なかなかそうもいかない。

また、1枚のディスクに入る量も決まっているので、切ったり繋いだりと調整する。
バックアップも大容量になる。
大きな外部メモリーがあると便利になるので購入した。





続いて、撮影したビデオをDVDにする のページへ             人気のビデオカメラ


 子供のイベント 運動会 へ戻る

HOME
 トップページへ