トライな生活

アクセス

ここまでやってみて実にいろいろな事が解ってきました
身近でよく利用していたインターネットそしてホームページというものに、こんなにたくさんの発見があるとは思ってもいませんでした
やはり見るのと作るのでは大違いです

ホームぺージもメモ帳だけではやはり限界を感じて来ていたので思い切って専用ソフトを購入する事にした
ここまでやってきて今さら買うのも腹立たしい気もしたが使ってみてびっくり
素晴らしいものでした

今までこんな事できたらいいなと思っていた事がすべてできる上、遥かに多くの機能があり使い方があまりに複雑すぎるくらいだったのです

散々いじってみたこのソフトはまだよく解からない事が多いけれども、以前メモ帳で作っていたのでhtmlソースを見るとなんとなくだが理解できました
こうして思うとメモ帳でのホームページも無駄ではなかったのだと安心します

使っているうちにたくさんの機能をどんどん試したくなってしまい、動きのあるものを入れたりアイコンやロゴもいろいろつくってみました
そしていろいろ手を加えていくとホームページのデザインというのも気になってきます

フレームページという構成も興味があったのでどんなものにするか研究してみたり、レイアウトや配色もいろいろ試してみました

だんだんホームページというものに熱中していく自分を凝り性だと感じながら、1つの事を発見してしまったのです

いろいろやってみたフレームページや画像などのたくさん入ったページは、キーワードの検索に引っかかりにくいというもの

もう直す気はなかったが同じキーワードを入力しても検索エンジンは、内容や様々な構成、リンクの状況など様々な分析ににより順位を付けているのでしだ

どうしたらキーワードの検索にひっかかってくれるのだろう

それはアクセスアップという考え方でした

世の中には想像をはるかに超える膨大な量のウェブサイトが存在していて、その中で知りたい情報のページを適確に探し当てるのは簡単な事ではなくなって来ています
ましてやキーワードで検索しても出てくる順位が相当上位でなければ、人目に触れるものではなくなってしまっています
HPを作るとどうにかたくさんの人に見てもらいたいと思うようになります
これは企業やビジネスのページではなお更の事です
どんなに一生懸命そしてどんなにすばらしいホームページを作ったところで、この膨大な量の中に埋もれてしまっては探す事はできないのです

そこで登場するのがアクセスアップというもの
内容を充実させるというようなものもアクセスアップの重要な考え方ですが、一番興味をもったのはやはり検索エンジン対策(SEO)というもの
いかに上位に表示させるかというものですが、基本的には直接のキーワードに関連する、検索エンジンにとって重要な判断基準などを重視してページ作るというようなもので、商用利用のページではこれは死活問題でもあるようです

その対策自体は常にいろいろ研究されており専問の会社まであります
当然その内容・ノウハウはかんたんなものから高度で複雑なものまであるし、新しい技術や判断基準で状況は常に変わっていくので、対策自体も変化していかなければならないものであります

今回はこういうものがあるという事、そしてその対策にはどのようなものがあるのかという事だけで実際のページで試す事はしませんでした
なぜならそれは単純な事ばかりではなく、ある程度作る段階から意識していないとできないからです
そして個人で楽しむのであれば内容の充実が一番である事を知りました
確かにメールマガジンで紹介されるとアクセス数は一時的に上がります
しかし訪れた人が内容を見て興味深いものがなければ再び見に来てはくれないのです
それがホームページのカウンターを見てよく解かりました
ホームページは完成がなく少しづつでも進化し内容も充実していくことが大事なのです

今回はここまでにしておいて、後は無理のない範囲で趣味として楽しむ事にします

しかしこの趣味のページで学べた事、または教えてもらったものは凄くたくさんあり本当にやってみてよかったと思ってます

イラスト
★アマゾン アクセスアップ ベストセラー

HOME
 トップページへ