美ら海水族館
 国営沖縄記念公園内にある水族館。
 「美ら」は「ちゅら」と読み、沖縄の方言で「美しい」「綺麗」という意味で、全国各地から愛称を募集して決定したものだそうです。


水族館の2階部分の「黒潮の海」
水槽:容量7,500m3 という巨大水槽の中を
ジンベエザメやマンタ(オニイトマキエイ)を初めたくさんの魚たちが悠々と泳ぎ回る。
   

マンタが泳ぐ(動画)

餌の時間

巨大水槽をマンタやエイそして多くの魚たちが餌を食べまくる。
マンタがくるくる回るのは水面で餌を食べたときに一緒に入る空気を腹の方から出していると言う。

余って底の方へ沈んだ餌はエイやサメなどが食べてくれるそうだ。

オニイトマキエイ(マンタ)


かなり仲良しな感じのイトマキエイも居て将来は楽しみ。


迫力の巨大水槽

      

ジンベイザメ

体長約7Mのジンベイザメ。
体の模様が甚平に似ているためにこのように呼ばれていると言う。

この体格の割には穏和な性格で、食べ物もプランクトンのなどと意外な面を持つ。

ここで物凄い迫力の給餌シーンが見られる。

見事に餌付けされていて、オキアミを約100リットルの海水と一緒に飲み込む所はかなりの迫力。

立ち泳ぎには驚き。

ジンベイザメの給餌(動画)

餌の時間はみんな必死

水面でも

中層でも

海底でも

サメ水槽では

サメの給餌シーン(動画)





日本を代表する魚 「ユウゼン」

馴染みの深い海水魚たち

水槽で海水魚を飼育している人にとっては、とても親しみやすいコーナーもある。 初めて実物を見るユウゼンの姿にはとても感動してしまった。

ユウゼン

タテジマキンチャクダイ

最もメジャーなキンチャクダイ

ハタタテダイ

群れで泳ぐ姿は本当に美しい

ナンヨウハギ

ナンヨウハギの後ろには巨大ウツボ

スズメダイ

綺麗な無脊椎水槽に青く輝くスズメ

ロングテンタクル

イソギンチャクもナンヨウハギも元気

イボヤギ

後ろを泳ぐのは2匹のハナダイ
    
近くにはイルカショーやマナティー館




めんそーれ
沖縄 美ら海水族館
沖縄のページ