水槽台の加工・組み立て

購入した2mの長さの材木を加工図の寸法に従って正確に刻んでいく。
頭の中で考えるのと違い寸法を見ながら出来るので間違える事は少ない。
そして組み立て。

まずは台から。
組み立ては金物で固定した。
床に置くので特に強度が必要なわけではないのでバラバラにならないように簡単にやってみた。
ただ、柱になる縦の材料を立てる部分を避けて固定。



四角く組んだら今度は4本の柱を立てて裏返し足元をステンレスのビスで固定する。
思ったより木が硬かったためにドライバーでは歯が立たない。
たまたまあった手でぐるぐるやるキリで下穴を開けてから再挑戦。
小学生の工作みたいになってきたが、固いので大変。
やっと空いた穴に手回しドライバーでビスを入れる。
ビスが長いのでこれまた大変な作業で苦労してしまった。

4本の柱が立ったら再びひっくり返す。



そしてアングルを使いながら組み立てたが本当に大変だった。
キリを回すのとドライバーで手のひらがマメだらけになってしまった。

これは インパクトドライバー と木工キリがあれば簡単な作業だったがケチったためにかなり苦労した。



  


  塗装のページへ
水槽台の自作のページへ
戻る
イラスト