扉の調整 

下駄箱や吊り戸棚の扉が当たってしまっていた。

観音開きの2枚の扉が閉めるときに当たってしまうのだ。
とりあえず閉める事が出来るので我慢して使っていたのだろうが、この蝶番(ちょうつがい)は簡単に調整する事が出来るので誰でも直す事ができるものだ。


写真のものはスライド蝶番と言って両側の板にかぶさって扉が付き尚且つきちんと90度開く優れもの。

更に調整も簡単。

メーカーによって色々なタイプがあるがこれは左のネジを緩め左右の調整、右のネジで前後の調整が出来るので扉を閉めてみて良い位置に合わせるだけ。

我慢して使っているよりも慣れれば簡単に調整出来てしまうものは結構多い。


しかしこういう事を我慢して騙し騙し使っている事って良くあることだ。
なんと言っても自分の家ではちょっと直せば直るものを、そのうち直すからと言っていつまでたっても直さない自分がここにいた。

まあほとんどの家庭のだんなさんはそうだと思うけど。