玄関ドアのカギ交換 

玄関ドアのカギを交換しました

取り付けはドライバー1本で出来、それほど難しいものではありませんでした。

こんな要領でした。

このタイプは握り玉形状のドアノブ。
最近はレバーハンドルタイプが多いのでシリンダーの交換だけで済むが、このタイプはドアノブごとの交換になる。
部屋内部側のノブはそのままにして外部の鍵だけを交換する事になった。
形状を調べて注文をした。
この時、バックセットというものの確認がある。
左の写真はドアノブを上から見たものだが、下の扉の縁からドアノブの中心までの寸法が必要になり、正確に計って注文した。


まずドアを開け内側のノブを外す。
ネジになっているので廻すと外れる。


丸い板を外す。
ビス2本で止まっていたのでドラーバーで外した。

これで外側のノブが外れる。


新しいドアノブを差し込む。



内側から丸い板をあて、2本のビスで留める。




外したときと同じように内側を取り付ける。
この時にサムターンの部分(内側のカギ)が縦で開き横で閉まるようにあわせる。


これで完了。
最後に鍵がうまく掛かるか確認したら、あまりにビスを強く締めすぎていたために硬くなってしまった。
バラして少し緩めて完了。











ロックセンター 鍵の鉄人 東急ハンズ通販クラブの防犯グッズ 鍵と防犯の専門店
新しい鍵の取り付けが完了。      
                      ⇒ ⇒ ⇒ ⇒   玄関のカギ色々    

HOME
 トップページへ