魚好きがエスカレートしリビングに置いていた水槽の数が増えてしまい、そろそろ整理しなければと一気に手をつけたところです。
イラスト

配置替え

夢中になって飼育に取り組んできたが冷静になって考えてみると狭いリビングに雑然と 並んだ水槽はあまり奇麗とは言えない状態になっていた。
水槽の中の事ばかりを考え数も増え置場を確保してきたがもともと狭いマンションのリビングでは 無理があった。
その為他の物が置場を失ない整理がつかなくなっていた。

現在の配置

ダイ

画像の上段左は下の90cmのろ材が入った60cm水槽。
上段右は淡水魚の60cm。
上段中央は海水の40cm。
実はこれが試しに作ったミニオーバーフロー水槽でその右下に40cmの水槽とつながっている60cmの水槽が 隠れている。
だた単に海水の量を増やす為にサンゴ砂とライブロックが入っているだけである。
やはり数ばかり多くなってそろそろ限界にきているのも事実である。
今回思いきって水槽を整理し配置を替える事にした。
まず上段には60cmを2つ並べ下段は90cmと40cm(横には並ばないので縦に置く)を入れる様にする。
水槽台は幅1050mmなので下に120cmが入るように造り直そうとも考えたが大掛かりになりすぎるので30cm 程継ぎ足す事にする。
そして淡水の水槽はしばらく実家で父親に面倒見てもらう事にした。

問題は

一番気をつけなければならないのは付け足す30cmが本体と段差がなく平らな事。
一度べランダで段差があるのに水を入れて水槽を割ってしまった事がある。
水槽は実際水を入れるとかなりの重さになる為慎重にやらなければならないので十分注意して下に 40cmの水槽が縦に入る様に取り付けた。
やってみると思っていた程の苦労はなかった。

壁に水槽

調子に乗ってこのままもう少しアレンジしようと思い昔から考えていた事だが壁の中に水槽が埋まって いるイメージに挑戦する事にした。
水槽の上に棚を作り壁に見える様に扉をつける。
たまたま余った壁紙があったので扉に貼れば壁の様に見えるはずである。
そしてその棚には水槽関係の小物などを入れられるようにした。

バックス
クリーン

ロカソウ 60cmの濾過槽は濾材が見えていても意味がない事が解りバックスクリーンを付ける事にした。
やはり海水魚なのでブルーの背景にしたかった。
水中なのでシートを貼る事は出来ずアクリル板の様なものを探したが値段も高く手頃なものが見つからない。
ふと100円ショップを覗くとA4版のファイルがちょうど合いそうだった。
どうせ100円なので1つ買って帰ると何とか使えそうだった。
サイズは良かったがうまく付かないので4ヶ所穴をあけキスゴムを付けて固定した。
良く見るとファイルだが色も以外と良く何しろ安いので満足している。

ついで

またまた我ながら良く出来たので更にそのまま棚を延長した。
そして水槽がない所の下には観音開きの扉を付けた。
扉といってもべニヤにホームセンターで100円の細い木を買ってきて枠をまわし化粧板を貼った。
この化粧板だけは知り合いの大工さんに切ってもらったのだが。

面材

ここまでやったら水槽台も扉と合わせたくなってきた。
余った材料で水槽台の木の前面に合わせて貼ってみた。
かっこいい。
大分すっきりした。
壁に完全に埋まったとは言えないが奇麗に納まったと思う。

60cm水槽

60cmのスペースが空いた。
このスペースには以前からナチュラル水槽を置こうと決めていた。
なるべく水換えをしないでイソギンチャクが飼えるという感じにしたい。
従って魚は最少限でカクレクマノミ2匹だけにしてあとはイソギンチャクを入れる。
試しにプレナム域を作りどの様になるのかやってみようと思う。

セット

60cm 止水域を作る。
まずは底面ろ過に使う板を2段に重ね酸素の入らない止水域を作る。
そしてサンゴ砂を10cm程敷く本来はもう少し手の込んだ事をやる様だがこれで終り。
あとはライブロックを入れておしまい。
心配なので上部フィルターもつけておいた。

これで完成

ゼンケイ

ほぼ思った通りに出来上がった。
それほど大掛かりな変更をした訳ではないが随分イメージが変わった。
白で統一されたので結構奇麗に見える。
今までに比べれば何とかこれで見られる様になった気がする。
こんな感じ
ゼンケイ2


天井まで棚を付けて扉に壁紙を貼ってみた。
こうして我家の水槽コーナーが出来上がった。


アクアリウム 自作のコーナー