スキルアップ 勉強
学校
スキルアップ

今、何かしなくてはいけない。そういう思いって大切な事です。ほかの人がやっているとかいないとか。そんなことは関係ない。
今の仕事には必要ない。そんなこともありません。仕事に対する専門知識も必要ですが、違う分野の知識はきっと人間を一まわりも二まわりも味があるものにするでしょう。
まず初めてみることが大切です。
毎日少しづつ進歩する自分を見つめれば色々な発見があるでしょう。
そして試験会場や出先でたくさんの前向きな人たちに会うと、物凄い刺激を受ける事が出来ます。
義務教育ではないのでやらなくてもいい事とたくさんの人が思う中、密かに前向きな気持ちで努力する事は本当にいいもんです。

今始める事で今までの自分と明らかに変わる事が出来るのです。

まずは資料を請求してみる。そんな簡単なことからはじまるのかもしれません。


はじめて資格を取ったのが 二級建築士 と言うものでした。

とても自慢できたものでもありませんが、現場監督をやっていた頃、かわいいおねえさんが営業でやって来ました。
とても珍しい来客に驚き、何度も来る熱心さに負け、学校に申し込みました。
今思うと非常に意思の弱さに反省しますが、これから社会人も勉強が必要と思うようになったのでよかったのかもしれません。
学科試験は1回で受かりましたが、製図試験は3回も受けました。

その後、一級施工管理技士 というのを取りました。
特に必要だったわけではありませんが、これは独学で運も味方したような気もします。
対象の範囲が非常に広く大変でしたが1次試験、2次試験と1回で合格しました。




そして、2級福祉住環境コーディネーター。
これからは福祉だと思い、一生懸命勉強しました。
試験会場には若い人たちがたくさん来ていました。
きっと、将来性を考え、人気があるのかもしれません。
私の場合は、コーディネーターと言う名前に惹かれた事もありました。
内容は福祉関係で幅広くかなり苦労しましたがギリギリで合格しました。



毎回感じる事は、試験会場で真剣な顔をしている人たちがたくさんいると言う事。
本当に良い刺激になります。
休みの日に試験に行くので、せっかくの休日なのにと思う反面、こんなにたくさんいるのかと思うと、がんばらなくてはと感じます。

フレームページへ
 トップページへ
イラスト

 トップページへ