えんのしたの魚たち
60cmクマノミ水槽


タテジマキンチャクダイ Pomacanthus imperator

中・西部太平洋〜インド洋・紅海

一番メジャーな大型ヤッコ
成魚まで育てる事が出来なかったので画像がないが、黄色と青のストライプになる。
この方向ををタテジマと見るらしい。
幼魚も人気でウズマキ模様をしている。
ヤッコはこのように幼魚が全く違う色合いをするものが多く、成長過程での模様代わりは育て甲斐がある。



★餌★
水槽に入れてすぐに人工餌を食べた。
食欲もかなりありその分成長も早いと思う。

★混泳★
同じ大きさでもボス的存在になった。
サザナミヤッコの後姿は嫌いのようだった。

★病気★
比較的肌が弱いようだった。
水質が悪くなってくると1番始めに肌に現れてきたので水換えの目安になっていた。
しかし非常に丈夫な魚だった。
Google
 トップページへ