えんのしたの魚たち
60cmクマノミ水槽



 カニ


葉山の磯で捕まえたカニ。

90cmの水槽に入っているが、この水槽はクーラーが付いていないため夏は30℃を軽く越えてしまう。
もしかしたら夏は越せないかと思ったが無事にしていた。
また、水槽の底で生活していて陸地があるわけではないので心配もしたが、これまた平気だった。
どうやって呼吸しているのかな?

いつもは警戒心が強いためか石の下から出てこない。
体半分は石のかげに隠れている。
しかし突然姿を現したのでビックリした。

てっきり死んでしまったのかと思ったが、いつもの石の下から動くはさみが出てきてまたビックリ。
水槽にカニは1匹しか入っていない。

見事な脱皮殻だった。




魚たちはカニに寄っていく事が多く不思議に思っていた。
エビに体をクリーニングしてもらうようにカニにも催促していた。

カニがクリーニング行為をするとは聞いたことがないが、魚たちは本能でカニに近づいているのだろう。



それにしても本物のように見える脱皮殻には驚いた。







★餌★
餌は魚の餌の底に落ちたやつを食べている。

★混泳★
1匹しかいないので今度また捕まえてきてやろうと思っている。。

★病気★
病気はしたことがない。

エビ・カニガイドブック
―伊豆諸島・八丈島
の海から
日本近海の華麗なエビ・カニ類約200種を、美しいカラー写真で紹介する、ダイバー&ナチュラリスト必携のガイドブック。磯遊びやダイビングでのウォッチングに役立つ解説付き。多彩で不思議な海の世界をお楽しみください。

目次
エビの仲間・シャコの仲間(オトヒメエビ科
サラサエビ科
ヨコシマエビ科 ほか)
ヤドカリの仲間(ヤドカリ科
オカヤドカリ科
ホンヤドカリ科 ほか)
カニの仲間(カイカムリ科
ホモラ科
アサヒガニ科 ほか)

エビ・カニガイドブック〈2〉
沖縄・久米島の海から
沖縄諸島・久米島の海で見られるエビ・カニ類約240種を、美しいカラー写真で紹介する、ダイバー&ナチュラリスト必携のガイドブック。エビ・カニ・ヤドカリのユニークな生態を紹介するコラムも充実。
目次
エビの仲間(クルマエビ科
オトヒメエビ科
ドウケツエビ科 ほか)
ヤドカリの仲間(ヤドカリ科
ホンヤドカリ科
コシオリエビ科 ほか)
カニの仲間(カイカムリ科
トゲカイカムリ科
アサヒガニ科 ほか)
分類学的ノート(新たに提唱した和名
久米島産の標本が新種の発表に用いられた十脚甲殻類)

手に取るようにわかる
エビ・カニ・ザリガニ
の飼い方
テナガエビ、エビ、カニ、ザリガニなどの淡水系甲殻類のさまざまな種類の特徴、分布をカラー写真で紹介。飼育器具、飼育環境から、餌と与え方、選び方、購入方法、採集まで、飼い方を詳しく解説する。

目次
淡水産甲殻類の楽しみ方
フィールド
テナガエビ・カタログ
ヌマエビ・カタログ
エビの楽しみ方
カニ・ザリガニ・その他カタログ
カニ・ザリガニ・その他の楽しみ方


砂浜・干潟の生きものの
飼いかた―カニ・ウミホタル
・クラゲほか
はさみをふるコメツキガニをはじめ、トビハゼやウミホタルなど、砂浜や干潟の生きものの飼育方法や観察のポイントを、豊富な撮りおろし写真と具体的な説明でわかりやすく解説。港で採れるクラゲの飼育も紹介する。

目次
砂浜と生きもの
干潟と生きもの
スナガニ
コメツキガニ
カラッパ
ウミホタル
クラゲ
アサリ
ツメタガイ
トビハゼ
ウシノシタ
ネンブツダイ

干潟のカニの自然誌
有明海のカニを主役に、干潟にすむ生物の生態を描く。潮の干満がもたらす塩分濃度や温度の激しい変化に耐える形態や生理はどのように進化したか。ライフワークを平易に語りかける。

目次
第1章 有明の海
第2章 有明にすむカニたち
第3章 カニとの出会い
第4章 太陽の恵み
第5章 泥に生きる
第6章 肉食のカニたち
第7章 空気を吸うカニ
第8章 カニの仔ども
第9章 陸に上ったカニたち
第10章 泥と太陽の詩
Google
 トップページへ