えんのしたの魚たち
磯採集関係書籍
おもしろくてためになる 魚の雑学事典 マグロは実は人間の仲間? ミルクで子育てする熱帯魚とは? 魚の不思議な生態や意外に高い知能、魚との接し方・遊び方から意外なエピソードまで、知っているようで案外知られていないお魚ワールドの不思議が満載。
魚の変態の謎を解く 成長とともに大きく様変わりする生き物たちがいる。ヒラメ・ウナギ・サケなどの具体例から、魚の世界における変態のもつ意味や、成長過程で姿を変える仕組みを、ホルモンとの関係に注目しながら解説する。


魚の卵のはなし (ベルソーブックス)


魚のウロコのはなし (ベルソーブックス)


魚の心をさぐる―魚の心理と行動 (ベルソーブックス)


水生動物の音の世界 (ベルソーブックス)
お魚おもしろ雑学事典―魚屋さんも舌をまく 「海の魚はなぜ塩辛くならないのか」などびっくり・不思議のおもしろ雑学ゼミナール、「夏のマグロは安くてうまい」ほか上手な買い方・選び方の知識、「ウロコとりには大根を使うと飛び散らない」はじめおいしく食べるための魚料理のコツなど、ひろげたページのどこからでも楽しめる、傑作おもしろ本!
魚の子育てのひみつ オスのケンカ、メスへのプロポーズ、そして恋のかけ引き。結婚、出産、必死の子育て。海の中でも数々のドラマがくり広げられています。身近なようで意外と知らない「海の世界」へようこそ。
おさかな新発見!おしえてさかなクン お魚だいすきのさかなクン。魚にまつわるさまざまなエピソードをさかなクン自ら描いた絵とともに紹介する初のイラスト&エッセイ集。
魚の謎解き事典 魚のオスとメスはどのように見分けるか。黒潮の上りカツオはなぜ片目か。魚をめぐる面白い話、なぞなぞ満載の楽しいイラスト付き本。「ヒラメは、なぜ立って泳がないか」の姉妹篇。
知ってビックリ!お魚の大疑問 (KAWADE夢文庫) 例えば、マダイ、イボダイ、キンメダイ…みんな本当に“タイ”なの?あの城下カレイが美味しい秘密は?深海魚はなぜつぶれない?カニ味噌ってカニの脳みそ?…お魚大好き日本人も意外に知らない魚の謎がスイスイわかる、おいしいネタ本。
アンコウの顔はなぜデカい (Nature Discovery Books) アンコウの顔はなぜデカい? 毒針をもつイソギンチャクの中でクマノミだけはなぜ安全? 2枚しか歯がないハリセンボン、魚の掃除屋など、海に暮らす生きものたちの驚きに満ちたなぞにせまる!
魚の名前 形態・体色・生態・エピソード・発見者など、さまざまな理由で呼ばれる魚たち。面白い地方名や、学名・外国語名の発想の日本との違いなど、豊かな表情の写真も含めて200種の魚名の由来を語る、初のカラー魚名辞典。収録写真/オールカラー246点。
海の擬態生物―海中生物の美しく不思議な変身術 (子供の科学★サイエンスブックス) 珊瑚礁に擬態するコブシメ、砂地に隠れるヒラメ、形を変えるタコ、威嚇するミモカサゴなど、海の擬態生物を豊富な写真で紹介。
海の生物の不思議な生態―生き残りをかけた知恵くらべ (子供の科学サイエンスブックス) 共生、寄生、併泳、求愛、白化現象など、海の生物の不思議な生態を豊富な写真とともに紹介。
魚博士が教える魚のおいしさの秘密―食べどきはいつか、なぜか? 本書は魚介類のおいしさやその成り立ちなどについて書かれたものですが、文系のエッセイストが書き記したソフトな感覚の書ではなく、科学者が書いたややハードな感覚の読み物となることを意識して作りました。文化的・歴史的な事柄だけでなく、自然科学の感覚を取り入れた書物です。
海洋の生物の連鎖―生命は海でどう連鎖しているか 海洋生態系の構造と相互関係はどのようになっているか?海洋生物を「連鎖」というキーワードでまとめる現代海洋生命科学の集大成。
魚類の性転換

1.魚類にみられる雌雄同体現象とその進化
2.性転換の生理と組織
3.性転換の理論
4.ハレムにおける性転換の社会的調節
5.キンチャクダイ科魚類の社会構造と雌性先熟
6.群れの構造と性転換の起り方
7.性転換と一次雄の代替戦略
8.ススメダイ科における性のパターン
9.甲殻類の性転換

深海生物の謎 彼らはいかにして闇の世界で生きることを決めたのか (サイエンス・アイ新書 32) われわれを魅了してやまない深海の奇妙な生き物達。闇の世界の中で彼らはどのように生きているのか?その秘密の一端は地球の運動と海底の崩壊による乱泥流にあった。地獄のように異質な環境に群がる深海生物達。地上の痕跡から深海へと辿っていく展開は、深海生物好きにはたまらない1冊。
食と健康に役立つ魚雑学事典 食材の魚・貝・イカ・タコ・カニ・エビについての事典。食べ頃、目利き、健康によい成分、料理法から、釣り、話のタネ、俳句まで、魚にまつわる知識が満載。
お魚の常識非常識「なるほどふーん」雑学 お魚は知れば知るほど奥が深い!!話のサカナの1冊!!

ウナギを刺身にしないのはなぜ?「ダンゴ」「ガレージ」「ヅケ」って何?魚の干物とチーズでは塩分が多いのはどっち?エビをまっすぐにゆでるには?魚の臭みを消す方法、魚の上手なおろし方など、魚にまつわる蘊蓄(うんちく)や、プロも舌を巻く魚料理の勘どころを満載!!
巻頭カラー16ページで306種の魚介類を図示し、巻末「おいしいお魚の身上書」で解説、お魚名索引付き。
なるほど健康学 さかなの本―知っておきたい魚と健康の知識 目次
第1章 魚のおいしさ
第2章 魚の栄養
第3章 魚と健康
第4章 魚の取り扱い方
第5章 魚と調理
第6章 魚の加工食品
第7章 魚と衛生
奇妙でセクシーな海の生きものたち 出産するオス・数珠つなぎのSEX・メスの体内で養われるジゴロ・肛門のなかで暮らす魚…ハーマン・メルヴィル賞を受賞した博覧強記の海洋生物学者による大人のお伽噺のような、海の生きものたちの真実。
図説 魚の目きき味きき事典 魚学の権威と魚の仕入れの名人と魚のイラストの第1人者が、海の魚のほんとうの旬、新鮮さの見分け方、正しい料理法などをわかりやすく解説。収録したすべての魚に、特徴がよくわかる描き下ろしのイラスト付き。
養殖もの、外洋ものと魚をめぐる環境は刻々と変化している。魚をおいしく上手に食べる「目きき味きき」になれる最新お魚事典の決定版。
海の生きもののくらし 海の生きものたちの「産卵」や「食べもの」や「交尾」や「一生」や「けんか」や「擬装」や「子そだて」や「結婚」や「共生」や「威嚇」を写真と動く映像でみてみよう!本と付属CD-ROMでみるまったく新しいタイプの生きもの図鑑、新登場。
魚のエピソード―魚類の多様性生物学 劇的・魚の生活。魚類の形態、機能、行動、発生、生理、遺伝など16の話題。
海辺の達人になりたい!
自然体験活動ガイドブック
海で遊ぶことを忘れてしまった日本のために、若者はもちろん、お父さんやお母さん、学校でもすぐに活用できる自然体験活動の手引き。自然学校や達人養成講座で講師を務める「海辺の達人」たちがノウハウを結集。
海辺に親しむ―海岸を知り、親しむためのガイドブック 海岸は陸と海の出会う場所。生命を生み出し、人をいやし、さまざまな楽しみを提供する場所。変化し続ける海岸の姿、生き物のミラクルランド・磯と干潟、波と潮流の不思議など、海辺の知識と魅力を満載したガイドブック。
魚類環境生態学入門―渓流から深海まで、魚と棲みかのインターアクション 本書は、渓流域、田んぼ、汽水湖、渚、深海などの魚類の生態・生活史に関する研究と、水辺の環境教育と活動の実際を紹介し、魚と環境のかかわりを解説する。
魚のひみつ 「魚のひみつ」は、さかなの生活や体のふしぎ、さかなの進化やなかま分けなどをまんが、写真、図で説明し、また後ろのページには、さかななんでも質問箱がついています。
なぜなに さかな 魚はどうして泳ぐのが上手なの? 魚は何を食べているの? 魚も眠るの? たこやいかには骨がないの? 素朴で根本的な疑問に、美しい写真やイラストでわかりやすく答える本です。
すぐ調べられる「環境と生き物」〈2〉アサリは海をきれいにするの?―海辺の生物編 生徒と共に実践・研究してきた現役教師の監修による身近な生物を対象にした環境調査の実例をまとめたシリーズの第2巻。海岸動物であるアサリほか貝やゴカイなどの生き物の観察から、その海岸の自然度や環境汚染の実態を調べる。
魚の不思議 私たちの想像を超える多様性を示す魚たちのおもしろワールドを、「体のひみつ」「びっくり能力」等の項目ごとに、豊富なカラーイラストとやさしい文章で解説する。「ビジュアル魚図鑑」の章では人気の魚を写真付きで紹介。
魚学入門 魚類の全体像を要約・紹介した入門書。魚類の形態に重点をおき、必要に応じて機能形態学的な研究成果も取り入れて紹介する。
日曜日の遊び方 山菜+海菜のフィールドノート 海幸、山幸の摘み方をフィールドワークとして提唱する都会人のための1冊。基本の10種を選りすぐり、採取法と食べ方(伝統料理法から今風のアレンジを加えた料理)を紹介。
0からはじめるデジカメマリンフォト 0と1が創り出すデジタルの世界。水と光が織り成す水中写真の世界。さあ二つの世界の扉を同時に開けるのだ! 水中撮影テクニック&セオリー、機材パーフェクトガイド、フォトレタッチによる仕上げ処理の極意などを解説。
遊び尽くし 干物づくり朝飯前 無添加・天日干しで「安全」「うまい」をモットーにした、ホンモノ干物づくりのススメ。昔の作り方を原点として、魚介ごとに、家庭や釣り場でも簡単に干物が作れるようにわかり易く解説。〈ソフトカバー〉
漢字なんでも大研究〈第5巻〉動物・魚の漢字事典 「けものへん」に「良い」で「狼」!?動物と魚の漢字について、漢字のなりたちや、その動物が登場する慣用句・ことわざなどを紹介。
365日 魚と貝の雑学読本―四季の味覚・珍味や言い伝えなど魚貝にまつわる知識の面白水族館 本書は魚好きの著者が、魚の味覚や生態およびその言い伝えなどを雑学的に記してみたものです。全世界の魚類は3万種といわれ、日本の近海には5000種近くの魚がおり、日本人と魚は古来深い関係にあります。それだけに魚に関する雑学も枚挙にいとまがないと言ってよいでしょう。本書で取り上げたものはその中の一部です。
メダカのたまごはなぜまるい いのちを育てるためのカプセル、たまごは、生きものの種類によって、大きさも形も生む場所もさまざま。メダカのたまごに毛があるのはなぜ?水深1万mでも割れないたまご、ドームとたまごは兄弟?など身近なふしぎを考える本。

超基本!プロが伝授する魚のさばき方―板前の包丁技〓技術大公開 魚のさばき方の本。初心者にもわかりやすく、大型魚、小型魚、平たい魚など、ウロコの取り方からさばき方の基本型まで図解でみっちり解説します。また魚の旬、目利きのポイントを取り上げて、旨い季節、見分け方、料理法がわかる構成です。
図解・魚のさばきかた
魚の雑学―読んで納得・釣って楽しい・食べて美味しい
おもしろいサカナの雑学事典
ヒラメは、なぜ立って泳がないか―魚の謎解き事典
魚の雑学ばなし〈1〉
魚の雑学ばなし〈2〉
釣りと魚の雑学事典
続 釣りと魚の雑学事典
雑学魚あれこれ事典
amazon 自由研究 リンク     amazon 図鑑 リンク



トップページへ

アクセス解析
レンタル掲示板