えんのしたの魚たち
えんのしたの飼育スタイル
 海水水槽の濾過
海水魚の飼育を非常に難しそうに感じさせているのはこの濾過というもの。


簡単に解釈すると
水槽内には魚の排泄物や餌の食べ残しにより有害なアンモニアが発生する。
これを取り除くために行うのが濾過である。
実際の飼育では比較的無害なものに換えてしまい、そして定期的に水換えにより水槽外に出してしまう事で綺麗な海水を維持する事になる。
池・水槽浄化の仕方
しかしこのろ過というのは物凄く奥が深い。

自然の海では濾過サイクルがバランスよく確立しているため常に綺麗な海水が維持されている。
これは長い年月と膨大な量の海水がもたらしたもので、すぐに水槽で再現しようとしても難しい。
現在ではベルリンシステム、モナコ式、など自然の還元を基本にした飼育方法が確立しているが、バランスを保ちながらの飼育なので水量の多い大きい水槽に向いて、ある程度の知識と経験が必要となる。


そこではじめは、過器を使う事にした。
そのろ過方法にも色々ある。



物理濾過 ⇒ ウールマットや活性炭などにより汚れた物質を吸着してしまうもの
水作エイト 外掛けフィルター などがそうだがこれはろ過フィルターが汚れたら交換すると言うもの。
基本的には即効性があり、入れてすぐに効果がある。
ただ、使っているうちにバクテリアが繁殖し、生物濾過との併用になるが、目詰まりを起こす前に交換などのメンテが必要になる。
水槽内のゴミや糞の塊などは ウールマットなど で取るのが一般的。


   
生物濾過 ⇒ バクテリアにより魚への有害なアンモニアを比較的無害な物質に換えてしまうもの。
上部フィルター 外部フィルター 水中フィルター などがある。

近頃は外掛けフィルターも非常に効率よく小型水槽の場合は重宝しているようだ。
またベルリンシステムやモナコシステムのように水槽内の岩や砂に着くバクテリアによる還元や プロテインスキマー などにより還元せずにそのままとり出してしまうものも多く利用されている。



一般的なものは生物ろ過器で多くの種類のものが各メーカーから出ている。
大きく分けると酸素を必要とする好気濾過と必要としない嫌気濾過があり、好気濾過は 上部フィルター のように濾過材にシャワー状に海水を掛けるもので、嫌気濾過は 外部フィルター 水中フィルター 底面フィルター のように水中でろ材を通過させバクテリアにより水を綺麗にするもの。


またフィルターの大きさと言うのは限りがあり、海水魚の飼育で大きな水槽の場合は多くの ろ過材が必要になる場合は濾過層を使用する。
これによりたくさんの ろ過材 が使え全体の水量も増えるが場所をとってしまうので設備が大げさになってしまう。



海水魚の飼育は、好気濾過と嫌気濾過の組み合わせで飼育できると言われた。
2つを組み合わせて、汚れた海水のアンモニアを亜硝酸そして硝酸塩へと換えていく。

いろいろ考え、上部濾過器と底面濾過を使おうとしたが底面は掃除が大変なので外部濾過器を組み合わせ使う事にした。



ろ過材のページへ
自作の水槽

45cm濾過水槽

60cm濾過水槽

ウールマットBOX
     
 トップページへ