えんのしたの魚たち
えんのしたの飼育スタイル
 海水魚水槽の水温
海水魚飼育する上での適温は25℃と言われる。
必ずしもぴったりにする必要はないがこれが目安になる。

もっとも大切な事は水温自体は23℃でも26℃でも良いが、1日の温度変化をなくし水温を一定に保つという事。
海水魚は急激な温度変化に弱い。
すぐに死んでしまうというわけではないが、白点病 などの病気になりやすい。

以前、冷たいままの水で海水を作り60cm水槽の半分ほどを交換したことがあった。
どうせヒーターが入っているから、そのうちに適温になるので平気だと思ったが、翌日にはカクレクマノミとキイロハギにビッシリ白点が付いていた。

まるで寒さのあまり風邪をひいたようだった。
知らないとは言えかわいそうな事をしていた。

日常の水温を確認するのは水温計。
デジタルタイプ日本動物薬品マルチ水温計(デジタル)とアナログタイプ東京百木製作所 良感度水温計 M(紫色パッケージ)があるがこれは好みで選べる。

個人的にはアナログタイプの方が熱帯魚っぽくて気になのでそっちを使っている。

冬の水温管理はヒーターが入っているので一定にしやすいが、季節の変わり目と夏は注意が必要。
⇒  冬の水温調整商品
夏は、30℃を越えてしまうので冷却法が必要になる。 ⇒  夏の水温調整商品
扇風機(ファン)も水温を2〜3℃くらいは下げてくれるが、やはり完璧を望むなら 水槽用クーラー になる。
また水槽数が多い時などルームエアコンで室内を24時間調整するケースもある。

季節の変わり目で朝晩の冷え込みがきつくなったり、昼間の上昇が大きくなったときはサーモスタットで水温を高めに設定している。


ヒーターのページへ
   
 トップページへ