えんのしたの魚たち

こけ水槽 見にくいかも知れないが赤いこけと茶色のこけがでてしまっている汚い水槽
茶色の方は問題ないが赤いほうはちょっと気になる
どうも状態が良くならないせいで水槽がこけだらけになりがちな状態が続いている
崩壊のピンチの時に濾過槽を清掃してからずっと調子が悪い
仕方がないので濾過槽を改良することを決意した
そしてついでにレイアウトも少し変えようと思う
まずこの上段左の60cm水槽が下段の90cmの濾過槽になっているのでそのスペースに45×30×36の水槽をたてに2本置こうと思う
従って今回は45センチの水槽で濾過槽を作ってみる事にする
はたしてうまくいくかどうかは分からないが、とにかく何とかしなくては水槽を掃除する気にもなれない
材料は近くのホームセンターで調達
そして早速作業にとりかかる
今回はホームページに載せようと思い写真を撮りながら作業を進めたので、ここで紹介します
記念に残すつもりでもりでやってみることにしました



まずは底に穴をあけるためにガラスをはずすが、コーキングがうってあるのでカッターできってしまう
ここは手を切らないように要注意
 >  カッター
次に底のガラスをハンマーで割って、手を切らないように気をつけながら取り除く
ハンマーでたたく時ガラスの破片が飛ぶので、水槽のガラス蓋を乗せてたたくととても安全
 >  ハンマー
断熱のシートの下はプラスチックの板になっている
綺麗に取ってしまえばこのとおり
これがガラスの代わりに底へ敷くアクリルの板
 >  アクリル板
貫通に使う水道のバルブソケットの径より少し大きめに穴をあける
これはドリルを使ったので簡単だった
とにかくゆっくりと回す
勢い良くやり過ぎるのは失敗のもと
 >  ホルソー    > 電動ドライバー
水槽の底のプラスチックも同様に穴をあけてパッキンをはさみ締め付ける
 >  マスキングテープ
高さをあわせる為にゴムを敷いて回りにシリコンを注入したところ
ここは見えなくなるので適当にやった
穴をあけたアクリル板をのせてテープでマスキングをしてシリコンでコーキングする
今度は見える部分なので綺麗にマスキング
 >  シリコン シーラント    >  コーキングガン
仕切り板は水槽のバックスクリーンもかねるので明るいブルーの物にしてみた
同じようにマスキングしてシールする
 >  アクリル板
今回はとりあえずここまででストップです
時間の関係とシリコンの乾燥のため続きは後日
そして数日後。
青いのが仕切りでその右側が濾過槽
左のパイプから排水される
>  アクリルパイプ
濾過槽部には底から5cmくらいのところにアクリルのパンチングボードを敷く
 >  パンチングボード
濾材を入れたところ
海水を入れて魚を入れたらこんな感じ
仕切りの下部は魚が入り込まないようにパンチングボードの切れ端をおいた
排水のパイプは端に付けると水が淀みそうなので思い切って真ん中にしてみた
透明なのであまり気にならない
写してはいないがこのパイプから下の90cmの水槽につなぐ配管がしてある
今回は入念に計画を練って作ったのでほぼ思いどおりに出来た
この水槽の幅は30cmなので、これで30cmのスペースが空いたので淡水の水槽を置こうと思う



これで幅30cmのスペースが空いたので新たに淡水の水槽を置いた。  ⇒  水槽の配置






Google
 









やがて ・・・・・ 事件は起こる ⇒ 水浸し

  トップページへ