えんのしたの魚たち
海水の素
人工海水 SEA LIFE
人工海水
店別
トロピランド charm ブルースポット CEPPO
マリンギャラリー パウパウアクアG ビオトップジャパン アクアプロショップ
種別
シーライフ RedSeaSalt KENT リーフクリスタル
ライブシーソルト ピュアソルト マリンソルト バイオシー
Google


 現在使っているの人工海水(海水の素)は マリンテックの  SEA LIFE 500L 用 
 海水魚の飼育を始めた時たまたま買ったのがこの  SEA LIFE の 100L用 だった 
 特に決め手はなかったが、パッケージが何となく親しみ深く、初心者でも馴染めそうな 
 気がしてしまったので買ってみた 

SEALIFE

 以来 SEA LIFE の 100L用 を使っていたが、水槽がだんだん大きくなるとともに 
 水換えの量も増え人工海水の使用量が増えてしまったために500L用に換えた 
 その後一時  業務用の人工海水   などを使ったが、また SEA LIFE に戻っている 

 500L などのような徳用サイズがいろいろなメーカーから発売されているが、
 使いきりタイプでないので、それなりに保管が必要になる 

容器で保管


 以前はもう少し小分けにされていたような気もするが、現在では1袋になっていて使いづらい 
 お徳用なので我慢して少しづつ袋から出して使用後は輪ゴムで保管していた事もあったが、
 大きくて出し入れも大変だし湿気を呼ぶのでベトベトしてしまい具合が悪い 
 そこで、 プラスチックの容器 に分けて密封し、少しづつ使用している 





 海水の素に関しては今まで色々と試してみた 
 メーカーによって成分も多少違っていて特色があるようだ 
 水に溶ける早さもまちまち 
 値段も様々 

 水槽や魚のことを考えると、いつも状態良く保っておくには気兼ねなく水換え出来る物が良い 
 高価なものを使うのも良いがコストを気にして水換えを控えるよりも、定期的に交換できる 
 方が良いような気がする 

 以前、無理して高価なものを用意していた事があったが、もったいなくて水換えを惜しんだり 
 お金がなくて海水の素を買うことが出来ずにいたこともあった 

 今では安価なものも出ているので惜しみなく消費できる海水の素の方がいいかもしれない 



 トップページへ