えんのしたの魚たち
水槽レイアウトの変更
レイアウトを変更する。



(レイアウト)

ちょっとごちゃごちゃだったが、90pヤッコ水槽の水漏れにより、海水魚水槽が60cmになってしまった。



(水槽の水漏れ)


このままでは寂しいので、新しい水槽を買う事にした。

上の段がメインになるようにレイアウトを変更してみる。
水槽は検討した結果、コトブキの (W)120cm×(D)32cm×(H)40cmにした。
本当は高さがあと10cmくらいあったほうが良いが、なかなか希望のものはなかった。
       

        →   いろいろな水槽を検討

水槽をオーダーして作ってしまおうかととも思ったが、時間もかかるので今回は規格品にした。

金額も手ごろで、ガラス水槽では重さも一人で扱うには、これが限界かもしれない。
ただ、もう少し水量があればベストだが。
まずは下の段のスペースに淡水とクマノミ水槽を置く準備。

もともと、入り乱れて置いてあったので、一気にレイアウトを変更しなければならないので大変。

気休めだが、洗車用のスポンジを並べておいた。

2度も水漏れを起こしているので、少しでも吸ってもらいたい。

上の扉の裏には、子供たちがシールを貼っていたずらしていた。
今回は、住宅用の断熱材をしく事にした。

断熱の効果と床が平らな状態を維持するためには必需品かも知れない。

軽くて発泡スチロールのようなものなので、カッターナイフで簡単に加工ができる。

ただし、刃物の扱いには充分に注意した。


その上に、薄いベニヤを敷く。

これで置き場の完成。

実際は、さらにビニールのシートを敷いた。

水がたれるので、ベニヤのままだとボロボロになってしまうた為。
ようやく下の段の完成。


右が45cmの水槽を縦に置いたところ。

左は60cm水槽。




こんなぐちゃぐちゃに
なるとちょっとウンザリ。



左のスペースに
ろ過水槽をセットする。




次に上の段の水槽置き場。

ここに、120cm幅の水槽が入る。

下と同様に断熱材を敷く。

ベニヤとビニールのシートを敷いて置き場の準備は完成。
バックスクリーンを貼る。

本当は、青いガラスに直接貼るタイプのものが良かったが、取りあえず粘着タイプでないブラックタイプにした。

これが、安い。

大きさを合わせて切って、回りをテープで貼るだけ。

後で、好みのものをゆっくり探すことにする。

水槽をセット。

ずっと青いバックスクリーンを使っていたので、ちょっと新鮮な印象がする。

水槽に海水を入れる。

楽しみな一瞬。

しばらく経ってからライブロック・魚を入れる。

濾過水槽の配管をつなげば、これでひと段落。


古い海水と新しい海水を充分混ぜてから改めて新しい海水を追加する。

そして、手前には物が置けるように板を敷く。


両脇の隙間を隠して、底が上がった部分も適当な木で見えなくすればスッキリ。


水槽まわりを木目で統一。



将来は、ここにノートパソコンを置いて魚を見ながらHPの更新をしようと思い、折りたたみで机にできるようにする。

長目の兆番に茶色のテープを利用する。
兆番を固定し、2箇所につっかえ棒をつけて完了。




とりあえず完成
(((水槽レイアウトの進化 のページ)))
バナー
Google
 トップページへ