えんのしたの魚たち
海水の素
初級編
(排水)
最初の水換え方法は単純なもので、20Lのバケツと排水ポンプを使って糞も一緒に排水。
サイフォンの原理を利用するので、当然水槽の水位はバケツより高くなければならない。
更に高低差が少ないと排水に時間がかかってしまう。

(給水)
バケツに約25℃のお湯、カルキ抜き、海水の素20L分を入れ、手でぐるぐるかき混ぜて人工海水をつくる。
後は排水ポンプを使って水槽に入れる。
勢いが強いと水槽内にゴミなどを撒き散らし、魚を病気にしてしまうので、指や洗濯バサミなどで調整する。
本来は時間をかけて海水の素を水で溶いてから水槽に入れたいところだが、このバケツを使った方法だとちょっと難しい。

中級編
(排水)
このレイアウトだと下の段の90cm水槽の排水がかなり大変になってしまう。
なんとか、バケツで何度も運ばないようにしたいという方向で試してみる事にした。
直接ベランダの排水口にホースを入れるとばっちり上手くいった。

☆水換え時のらくらく排水☆



(給水)
バケツだと何度も運んで面倒なので、おもちゃケースで一気に海水を作って流し込むようにしてみた。
しかし結局、水をバケツで運んだのであまり変わらない。
ホースを使えば良いが、ちょっと危険な感じなのでよしといた。
続く・・・
Google


 トップページへ