えんのしたの魚たち
60cmテトラ水槽

NISSO 60cm 規格水槽

隣のご主人から戴いた60×30×36cmの規格水槽のセット。
水槽に上部フィルター、底面フィルター(ポンプ付き)、水温計、砂利まで貰ってしまった。

40cmの水槽を毎日、穴が開くほど見ていたが、一回りも二回りも大きいこの60cm水槽を見てしまったら、居ても立ってもいられなくなってしまった。
>>60cm水槽セット<< >>60cm蛍光灯<<
やはり蛍光灯が欲しくなり思わず買ってしまった。
水槽セットは意外に安く売られていたので、単体で買う照明器具が意外に高価なのには少し驚いた。
水槽が2つになってしまって場所をとるようになってしまったが、あまりの綺麗さにそんなことは全く気にも留めなかった。

レイアウトはこんな感じ。
水槽のレイアウト
60cmの水槽と40cmの水槽を並べて置いた。右が最初の40cm水槽


60cm水槽の濾過は上部濾過と底面濾過で行っていた。
底砂も程ほどに敷いてポンプによる底面濾過もかなり強力だった。
しかしセイルフィンプレコが物凄い量の糞をするのでちょっと困っていた。

水槽のイメージ

               
 泡2     
   
     
小石小石小石小石小石小石
 
 当時は写真を撮っていなかった。
 イメージはこんな感じ。
 
 
      (イラストは  eri-yama no Oheya  より)

魚は ネオンテトラ 20匹くらい・ トランスルーセントグラスキャット 5匹くらい・ プラティー 3匹くらい・ オトシンクルス 2匹くらい・ クラウンローチ 2匹・ セイルフィンプレコ など。
そして、 水草 を適当に並べたものだった。

水槽の調子はすこぶる良かったが、動きの早いクラウンローチと大量に糞をするセイルフィンプレコが気になっていた。
  3代目60cmプレコ水槽のページへ進む

  進化の過程のページへ戻る

隣のご主人から戴いた60×30×36cmの規格水槽を設置


ペットショップへ行き、たいした知識もないのにとりあえず初めは×××テトラという種類の魚を買えばいいと経験者から聞いていたのでその辺を中心に探した。 そごで一番奇麗でしかも一番安い魚はなんと言ってもネオンテトラだった。 どうしてこんな奇麗な魚が他と比べて安くなっているのか不思議だったがもうこれしかないと20匹買って帰り水槽へドボン。 当時は何も知らず魚たちにはずいぶんひどい思いさせていたかもしれない。

しばらくは隅の方にかたまっていた魚達も鮮やかに輝きながら泳ぎまわり始めた。 ウォーと言うほどすばらしい。 感動の一瞬だった。 銀色の体にブルーのライン。 そして赤い尻。 何故こんな色の魚が生まれたのか。 この色は何役に立って何をを意味しているのかさっぱり見当もつかない。 とにかくまた水槽に張り付く日々が続くようになってしまった。 世の中にこんなすばらしいものがあったとは少し大袈裟だがまさしく感動の一瞬だった。 これから熱帯魚店通いが始まる事になるのだった。

(あれ? なんか変だと思ったけどネオンテトラは尻尾の方が赤いんだったっけ!)
それにしても我ながら幼稚園児の絵のようでビックリ・・・

Google
 トップページへ