えんのしたの魚たち
 
☆水換え時のらくらく排水☆
我が家の90cmの水槽は台の下の段に設置してあり床から5cm程しか上がっていません

水換えの時はいつもサイフォンでバケツに入れていますが、水位が下がってくると水が出にくくなりバケツの水位よりは下げられません
最後はこまめにバケツの水を捨ててながらやっていますが、何度も何度も水を捨てに行き海水を作る時はまたその分運んで来るので、 これが毎回だと結構大変でだんだん面倒に思えてきました

上のろ過水槽から排水すればいいのですが結構時間がかかってしまいますし、勢い良く抜くと水位が下がってしまい濾過層を攪拌するようなものでやっていません





魚を飼い始めた頃はこの水換えも全然苦にはならず、どちらかと言うと水槽の水が綺麗になったところを見るとうれしくなりました

しかしものぐさな習性のためだんだん手抜きをしたくなってきます
と言うか効率よく水換えをするいい方法はないかとずっと考えていました

本当は上の棚に60cmくらいの水槽を置いて、水栓をつけて水が出るようにし、水流ポンプで人工海水を混ぜて、ヒーターで適温にした状態まで出来るようにしておいて、後はコックを捻るだけという感じにしたいと思ってますが、ここまでやるのには大変な気合が必要です

また排水に関しては上から入れる新しい海水でオーバーフローしたものが自動的に流れ出るというのが手間要らずで理想なのですが、こちらもなかなか大変なことです

せめて排水の方はバケツで何度も運ばないようにしたいという方向で試してみる事にしました





まず上の濾過水槽からオーバーフローしてくる海水を自動的に流すように色々考えてみましたが、もし手違いで詰まったりしたら溢れてしまいますし、水槽の底に溜まった糞などは取れません

そう考えるとサイフォンで下の水槽から直に抜くほうが便利なような気がしたので、試してみました





まず長いホースを浴室まで持っていき水槽の水を抜いてみましたが、高低さがあまりないのでちょろちょろとしか出ません

ましてやいちいちホースを使うのでは邪魔だし、結局かたづける事を考えればバケツで運んだほうが早い気さえしてしまいます








ある時べランダなら部屋の床より下がっていて排水の穴の金物をはずしてそこへホースを突っ込めばかなりの落差になる事を発見しました

これなら間違いなくサイフォンで抜けます

しかしホースを使ってでいちいち抜いていたのではまた面倒です

そこで見えない部分にパイプを設置してしまう事にしました





まず問題は部屋の中から外へホースを出さなければなりません

部屋はコンクリートで囲まれていますが、まさか穴を開ける訳にはいかず、唯一出せるのはクーラーの穴と給気口だけでした

給気口の穴がちょうど良い位置にありましたのでそこを使って出す事にしました

現在の90cm水槽の上端より10cmくらいのところで横にビニールのパイプを固定しそこから水道ホースでバルコニーに出しました

サイフォンで抜くので勾配も関係ありません

バルコニーに出したホースを排水口に入れて、水槽側にいつも使っているサイフォンポンプをつないで試してみると勢いよく吸っています

これには感激しました

糞もごみもシアノバクテリアまでバンバン吸い取ってくれます





自動とまではいきませんが排水はサイフォンポンプを10回くらい押すだけで、あとは人工海水を作り始めることが出来るので、水換えは大変楽でスピーディーになりました


これに味をしめていつかは理想の水換えシステムを作ってみようと思ってます






Google
 
自作のコーナーへ戻る
 トップページへ