えんのしたの魚たち
えんのしたの自作・DIY
 
☆60cmオーバーフロー水槽☆


海水魚の飼育を初めていつものように考えていた事はろ過のことでした

この濾過槽は90センチの水槽を買う前提で考えに考え抜いて作ったものです


とにかくメインの90cm水槽は下に置き60cmの水槽をオーバーフローの濾過槽にする事に決めました

通常、メインの水槽が上で濾過槽は下に決まっていますけど、我が家でやろうとしているのは水槽の上に天井までの棚をつけてしまおうと思っていたので逆にしました

そうすると一番重い水槽が下にあるのは安定してとてもいいことです

普通に考えると何か変かもしれませんがなれれば非常に安定感があって落ち着きます

水槽の上に濾過槽を置くのでウェットの上部ろ過ということになります

ただこの位置的に非常に良い高さに濾過槽が来るというのはなんとももったいなく、あまりいいものではありません

そこで手前側半分に魚を入れてしまうことにし、それでも60cm水槽半分のろ過材が入るので大丈夫だという事にしました





水槽は古い60cmの水槽をもらったのでとっておいたものを使いました

これはニッソーの水槽で手前のガラスの両側がアールになっているので、最後にシールするところが少なく、また手前の魚を入れる部分は見えてしまうのでコーキングに気を使わなくて好都合でした


作業はうまくいけば底のガラスは一部だけ壊して残せればそのまま使えると思いましたが結局全部取り除いてしましました

ガラスを取ると保温用か解かりませんが白いシートがあり、これも取るとプラスチィックの底がでてきました

次に穴を開けますが、これは40cmの水槽の時と同様に、底の補強があるのでなるべく支障がないところを選んで開けました

そしてこれも40cmの水槽の時と同じようにバルブソケットを付けました

底のとガラスの取り合い部分にたっぷりとシリコンを充填し5mm厚の黒いゴムを敷いて再びガラス部分と貫通部分にコーキングをしました

これで60cmのオーバーロー水槽の完成です









今度はろ過層の仕切りです

こんな感じにしましたが下に魚が入り上にろ過材が入ります

この上の水槽のほぼ半分を使ってろ過しようというものです

まず真ん中の仕切りは60cm水槽用のガラスふたです

専用の物なので寸法もぴったしです


60cm用のガラスふたを2枚用意して、まず水槽の両脇の中心辺りにプラスチィックのコの字型の細い棒状のものをシリコンでくっつけました

そしてそのコの字の溝の中にガラスふたを入れ、水槽が完全に2つに分かれるようにシリコンでコーキングして前後の仕切りになります


このガラスふたは角が1箇所斜めに切れているので左下は塞ぎ右上は後ろのろ過層への入り口としてそのままにしました





なるべく長い時間ろ過材に触れた方が良いと思い、ろ過層部分は4つに仕切りました

仕切りは同じようにプラスチィックのコの字を両脇に付け、ガラスやプラスチィックの板、たりなくなったところは娘の下敷き(蛍光グリーンの所)を使ってしまいました

これには娘も唖然としていました




これは後ろから見たところですが、後ろの魚が入っている部分の海水は左上から入ってきますが、仕切りのため赤い線のような形でろ材を通過して下の水槽に流れるという仕組みです

この場合、ろ過材が詰まったら大変なことになり兼ねないので、その時のために詰まっても溢れないような高さに仕切りはセットしました

我ながら完成度の高いろ過水槽が出来たと思いました





ろ過層の入り口部分はやはり餌が流れ込んでしまうので、下敷きの余りを切って付けておきました

このろ過水槽は約2年半の間順調に海水を綺麗にし続けるとともに、手前の部分では魚の飼育やサブタンク、餌付け水槽としても役立ちました



しかしろ材が目詰まりを起こしそれを気づかずにいたので結構大変な目にあいました

予定通り目詰まりしても溢れる事はなかったのですが、目詰まりの為ろ材を通過することもなくただロ材の上を海水が通過しているだけの状況が続いてしまっていたのです

それに全く気づかずにいたので魚の調子は最悪でした

原因はこの後付けるバックスクリーンと餌や糞などが流れやすい構造によるものと考えます

せっかくなのでまた改良して使ってみたいと思ってます






Google
 
自作のコーナーへ戻る
 トップページへ