えんのしたの魚たち

サザナミヤッコ

サザナミ

初めて買ったヤッコ。
サザナミと書かれて売っていた。

スズメダイに比べるとやはり高価だったが、色・模様・動きがとても気に入ってしまい購入した。

図鑑などで調べてみてもこれが本当にサザナミヤッコの幼魚なのか決定的な違いが見つけられず結局は 解からなかった。

ヤッコの仲間では幼魚の頃はサザナミのパターンをしているものも多いようだ。
幼魚の頃は似たような魚達だが大きくなるにつれそれぞれの形や色になっていくというのは何とも 不思議だ。

とりあえずサザナミヤッコになるだろうからそれを楽しみにして育てている。

そして近頃体の真中部分が少し白っぽくなってきた。
まさしくサザナミヤッコだった。

しかしこの魚は自分より少し小さめのアズファーがとても嫌いらしく徹底的に追かけまわし困り果てた末 にここへ移動した。

するとウズマキとなんとハマクマにまでつつかれてしまっている。
この強弱の関係はどういう基準があるのだろうと関心しながら見守っている。