えんのしたの魚たち
えんのしたの危険がいっぱい
 リビングに潜む危険な状態

水槽をリビングに置いているためトラブルを起こすと大変なことになってしまう。
しかもマンションなので、日頃から注意深く観察し、事前に防ぐよう心がけてはいるが・・・・・。
 換水水槽 

海水を作るための予備水槽。    ⇒   水槽の様子
この水槽には人工海水の素を攪拌するための水中ポンプと、水槽内の海水の水温と合わせるためのヒーターが入っている。
必ずチェックするのは、作った海水を水槽に移した後、ポンプが空回りしていないか、そしてヒーターが空炊きしていないかと言う事。
これをしてしまうとかなりヤバイ。
ポンプもピーターも壊れてしまう上に災害につながってしまっては大変。
また、水槽に入れるホースは外れないようにキスゴムで固定している。
更に針金で固定。
これも外れてしまっては水浸しになりかねない。
この水槽を使うのは、海水の水換え時のみなので忘れてしまいそうになるが十分に注意している。


 60cm用濾過水槽

幅25cm奥行き35cmの水槽をオーバーフロー加工し後ろの部分を5cmほど仕切って後ろ側にリング状の濾過材を入れてある。
手前には投げ込み式のクーラーとヒーター、サーモスタットのセンサーが入っている。
この水槽は一番初めに穴を開けた水槽でもう大分古くなってしまっているので、特にやばいのはなんと言っても水漏れ。
60cm水槽の海水がポンプアップされこの水槽に入ってくるので、もし水漏れを起こしてしまえばバケツ2杯分は漏れてしまうだろう。
そして、もうひとつはろ過材の目詰まり。
リング状のろ過材が3Lほど入っているが、十分注意している。
そしてヒーターとサーモスタット。
これは、消耗品なので古くなったら交換するようにしている。


 クーラー

60cmクマノミ水槽の水温を調整するクーラー。  ⇒  クーラー
調整すると言ってもヒーター用のコンセントは背面についていて、棚の奥行きの関係で使えないので別にサーモスタットが入っている。
夏はクーラー無しでは30℃を超えてしまうので、壊れてしまうとかなり危険。
寿命はどのくらいかは解からないが、真夏に壊れてしまわないように祈っている。


 メンテ扉

メンテ扉の中にはDVDボックスで作った物理濾過の ウールマットボックス が置いてある。
90cmのヤッコ水槽からポンプで揚がってくる海水がこのボックスに入っているが、下部から排水するパイプがもしも詰まってしまうと大変な事になってしまう。
90cmの水槽の海水がとめどなく溢れる事になる。

対策は特にしていないがパイプ回りには物を置いて口がつまらないようにしている。
また透明な容器を使っているので中の状態には気をつけている。


 90cm水槽用濾過水槽

90cm海水魚水槽
用に作った 45cmの濾過水槽 が台の中段に置いてある。
下にある水槽からポンプで上がってくる海水がこの水槽でオーバーフローして90cmの水槽に戻るようになっている。
水槽の真ん中のパイプがオーバーフローパイプだが、これが詰まったらアウト。
下の水槽の海水がなくなるまでどんどん入ってきてしまう。
そしてじゃんじゃん溢れてしまう。
一番大きい水槽につながっているため被害も大きい。
詰まる事はあり得ないと思っていたが、不運なことが起こってしまった。

  ⇒  水漏れ事件


 イモリ水槽

アカハライモリと水草が入っている淡水の水槽。  ⇒ イモリ水槽
この水槽は濾過を底面濾過器で行っていて水が水槽の外に出る事がないので水槽に比べると安全といえる。
ガラスの水槽なのでつなぎ目のシリコンコーキングが切れてしまうと当然水漏れしてしまうので注意が必要。

しかし、一番注意しているのはイモリの脱走。
過去に2匹のイモリがガラス蓋の小さな隙間から脱走し、不幸にも クマノミ水槽 に落ちてしかもイソギンチャクに飲み込まれ無残な姿になってしまった。


 60cmクマノミ水槽

60cmの海水魚水槽には、カクレクマノミとイソギンチャクが入っている。
この水槽は上でクーラーの入っている濾過水槽につながっている。
そのためにポンプが入れてあるので、水槽内を移動してしまうイソギンチャクが吸い込まれてしまわぬ様に気をつけている。
また、上の水槽からのオーバーフローパイプの出口をイソギンチャクが塞いでしまうとこれまた大変なことになってしまう。


 90cmヤッコ水槽

この水槽は 90cmの海水魚水槽
ガラスの水槽が床の上に直に置いてあるので物をぶつけて割ってしまっては大変。
また、水量も1番多いのでコーキングが切れてしまって水が漏れては困ってしまう。
すべての水槽に言える事だが、水の減り具合は常に気をつけている。


 40cm淡水水槽

これも小さいながら オーバーフロー水槽
魚がたくさん入っていてパイプを詰まらせては溢れてしまう。
パイプは同じ太さのまま真っ直ぐ下の水槽に落ちているが、この水槽にいたはずのベタの雌が下の水槽を泳いでいたことがあった。



 40cm水槽用沈殿槽

水槽が小さいので蒸発すると直ぐに水位が下がってしまう。
ヒーターとポンプが入っているので水位は必ずチェックしている。
失敗談
リビングの水浸し
水槽の水漏れ
  
 トップページへ