えんのしたの魚たち
海水魚関係書籍
海水魚・海の無脊椎動物スーパーカタログ―海水魚700種サンゴetc.300種1000種一挙掲載! (Vol.01) 海水魚700種類、その他の海の無脊椎動物300種類をオールカラーの美しい写真で紹介するスーパーカタログ。それぞれに全長・生息地も含めた解説つき。マリンアクアリウム紹介や、海水魚飼育愛好家訪問なども収録。
魚貝の図鑑―Wide color 世界の魚貝類1000種をカラーと標本図で紹介。魚の社会生活や飼育法なども詳しく記述しています。
海水魚大図鑑
決定版
海水魚、エビ、タコ、貝、サンゴ、イソギンチャク…海水魚550種以上、無脊椎200種以上の飼育情報を完全網羅。海水魚水槽づくりに欠かせない基本情報から高度なテクニックまで、一挙公開。
海水魚
飼育図鑑
アクアリストにとって魅力的な海水魚700種を網羅したガイドブック。全海域の魚種をグループごとに構成し、又、個々の魚、あるいはグループごとの特徴や飼育に必要な情報もコンパクトに紹介した、飼育書としても有効な1冊。
世界の海水魚450 (2006年版) 約450種の海水魚と無脊椎動物、海藻のデータと写真を、最新の市場価格動向付きで紹介したカタログ。また、プロが教える海水魚飼育がもっと楽しくなるテクニックや、初級者向けの海水魚飼育マニュアルも掲載。
世界のエンゼル
フィッシュ
マリンアクアリウム
ガイドシリーズ
サンゴ礁を舞うカラフルな魚、エンゼルフィッシュ。このエンゼルフィッシュともっと手軽に接することができるのが水槽飼育、いわゆるアクアリウムという方法。アクアリウムでの姿を中心にエンゼルフィッシュの魅力を紹介する。
さかな 初めて図鑑を手にするこどものための、魚や貝、たこ、いかなど水の生き物の図鑑。こどもがよく発する素朴な疑問を集め、それに答える形で構成しています。疑問を解決しながら、水の生き物についての様々な知識が楽しく身につくように工夫してあります。

はじめての海水魚―世界の海水魚カタログ400種 はじめて海水魚を飼う人のための入門書。色鮮やかな海水魚400種を収録。また、超初心者でも、「分かりやすい」「失敗しない」飼い方を、分かりやすいイラストとともに解説。見て楽しい、見るだけで分かる内容。海水魚飼育で一番大切なろ過システムについても、完全図解で一発理解が可能。また、「魅せるアクアリウム」では、インテリアとしての楽しみ方を紹介。「日本の海はすごい!死滅回遊魚」では、親子で楽しめる海水魚採集。第一章「憧れのアクアリウム」/水槽タイプ別・豪華アクアリウム紹介。第二章「世界の海水魚カタログ400」/クマノミ、チョウチョウウオ、サンゴまで、色とりどりの海の生き物の図鑑。第三章「器具カタログ」/ろ過システム徹底解説で、海水魚飼育をマスターする。第四章「水槽セッティング」/3ステップでクマノミとイソギンチャクを飼う。第五章「毎日の世話」/エサや水換え方法。第六章「魚のトラブル」/魚の病気と治療の方法。
魚の顔図鑑 多くの水中写真のなかで、魚たちはたいがい青い海に向かって泳ぎ去ろうとしている。しかし、この本のなかのこの瞬間、たしかに彼らは私たちを見つめているのだ。
世界の海水魚450
(2005年版)
Seibido mook
約450種の海水魚、無脊椎動物のデータと写真などを市場価格動向付きで紹介。小型水槽から巨大水槽まで、楽しいレイアウト実例をワイドな写真とともに掲載。初心者向けのページも充実。
完璧版 観賞魚の写真図鑑―オールカラー世界の観賞魚500 世界の鑑賞魚500種の図鑑。全種150字程度の解説、生息域、飼育上の注意点、カラー写真を掲載する。排列は熱帯淡水魚、冷水淡水魚、熱帯海水魚、冷水海水魚に分け、さらに科・グループに分類する。同一分類内は学名のアルファベット順。巻末に魚名の五十音索引がある。
ダイバーのための海中観察図鑑―魚知ING!(ウォッチング) 初・中級ダイバーを対象とする海の生物図鑑。日本近海で見られる魚類・甲殻類・棘皮動物・刺胞動物など、基本種と話題種460種を収録。巻末に魚類、その他の分類別五十音順索引がある。―これだけ見られればあなたはベテランウォッチャー。
フィッシュウオッチング500―魚別撮影ガイド付き スクーバダイビングで見られる魚や海の仲間500種を全て写真付きで紹介。生態的特徴、生息地などを詳しく解説すると同時に、魚別の水中写真を撮るときのコツや魚への寄り方も解説。フィッシュウオッチング派、水中写真(デジカメ、フィルム)派、全てのダイバーが楽しめる入門ガイド。
初めてのフィッシュウオッチング―サンゴ礁の仲間フルガイド〈PART2〉 種々の魚を見たり、生態や行動を観察するフィッシュウオッチングのための図鑑。和名・学名・科名・全長に加え、体形や色・模様の特徴といった種類識別ポイント、よく見られる環境、行動パターンを記す。巻末に五十音順の魚名索引がある。
サンゴ礁の仲間フルガイド 南の海でダイビングやスノーケリングをすると、かわいい魚や不思議な生物たちと出会います。この本は、そんなサンゴ礁の仲間たちを美しい水中写真で解説するウオッチング入門書です。〈ソフトカバー〉
Fish Eyes―モルディブ海中散歩 立体写真集 インドの南西約600kmに位置し、1200個の島々が集まってできた国、モルディブ。ダイバーのメッカであるその海を泳ぐ魚たちを3Dカメラでとらえた、世界初の海中3D写真集。付属の立体視メガネで、魚たちの世界が浮かびあがる。〈ソフトカバー〉
生態観察ガイド
伊豆の海水魚
約700種の生態写真を、通常の分類体系に準じて36のグループに分けて掲載。生態観察に役立つように編集された、斬新で画期的な図鑑である。特によく見たい44種については闘争、求愛、産卵などの写真とともに、繁殖期、産卵時間、産卵場所などを具体的に解説し、「観察のポイント」をまとめた。
海の甲殻類
ネイチャーガイド
主に日本の寒帯域~熱帯域の海辺から水深70mくらいまで観察できる大型甲殻類のうち十脚目のエビ類・カニ類・異尾類と口脚目のシャコ類から代表的な530種類を科・属でまとめて写真や生態などを紹介。
海べのふしぎな生きものたち 潮が引いたあとの海岸を歩くと、へんな生きものがぎっしり! 砂浜、干潟、磯の海を歩いて見つけた、奇想天外な形、さまざまに飾られた色、奇抜なデザイン、生活の仕方のおもしろさなど、そのふしぎさを迫力ある写真で紹介。
チョウチョウウオ・
ガイドブック

蝶のように美しい色彩や形から、「蝶々魚」と呼ばれる海水魚を、徹底紹介する写真図鑑。海洋写真家・中村庸夫が、世界のサンゴ礁をめぐり撮影した、美しく愛らしいチョウチョウウオ科119種を完全収録。
海の魚 水中の生態写真によって、魚たちの自然の姿を再現、840種、約1100点の生態写真を掲載する。それぞれの海域ごとに生息する魚たちを分類体系にあてはめて、詳しく紹介したハンディ版の大図鑑。
日本の川や湖、海で見られる魚を中心に、約1150種を美しいカラー写真とくわしい解説で紹介する。そのほか魚の不思議な生態の数々を最新の情報と水中写真で紹介。今回の増補改訂にあたり『魚の食べ方・食べ物図鑑』『魚用語辞典』などを新規掲載した。
クマノミ全種に会いに行く クマノミ類はイソギンチャクとともに暮らす魚。その不思議な生態、分類の謎、見分け方など、クマノミたちの全28種を写真とともに解説する。マダガスカル、オーストラリア、沖縄…。著者の水中ウォッチングの記録も満載。
クマノミ
ガイドブック
イソギンチャクと共生する海水魚・クマノミ全種を生態写真で紹介。世界中の研究成果をふんだんに取り入れ、色鮮やかな美しい写真とともに丁寧に解説する。ダイバー&ナチュラリスト必携。
イソギンチャク
ガイドブック
ダイバー&アクアリスト必携、磯遊びにも最適。世界初、イソギンチャクのカラー写真図鑑。日本産イソギンチャク類のほぼすべてを掲載。貴重な生態写真を中心に分布、特長、見分け方など詳しく解説。「食用になるイソギンチャク」「共生」「採集と飼育」などのコラムを満載。
クラゲ
ガイドブック
貴重な生態写真で、あるがままの自然なクラゲやサルパの姿を収録。危険度ランキング、刺されたときの対処法、世界最大のクラゲ、クラゲの飼い方など興味深いコラムを満載。本書は動物分類にしたがって大きく5つのブロックに分け、種の解説およびクラゲに関連したコラムを入れています。巻末には資料として専門用語の解説、日本産クラゲリスト、和名および学名の索引を掲載しました。
幼魚ガイドブック 成長の段階で体色や形態を変える海水魚約100種の、幼魚と成魚の姿をフィールド写真で徹底紹介。充実したビジュアルコラムでは「はったりをかますベビー」「海の羽衣伝説」など、魚たちの不思議な生態や興味深い話題を満載。
原色検索日本海岸動物図鑑〈2〉 わが国の海岸で見られる動物群のうち、脊椎動物と有殻軟体動物を除くほぼ全てを収録した書、全2巻のうちの2。節足・毛顎・半索・棘皮・脊索の各動物門を扱う。8年をかけたわが国最高の海岸動物図鑑。
日本の海大百科 日本は黒潮、親潮という異質の海流が流れる世界有数の「海洋生物の楽園」である。北海道の海のアザラシやトドから、マングローブの森やサンゴが生い茂る沖縄の海まで、日本の海に棲むユニークな生き物の写真600点を収録。
日本の海水魚
山渓カラー名鑑
日本産海水魚約2400種を収録・紹介。同一種でも成長、生息場所、雌雄などにより形態、色彩他の違いも写真で示す。目と科の詳しい解説に加え、代表種についても形態的、生態的特徴を含めて解説。
海水魚ヤマケイ
ポケットガイド (8)
スキューバダイビングを通して見られる種類を中心に、釣りや磯遊びで見られる種類も加えた代表的な海水魚約260種を写真とともに紹介する。
海水魚ガイドブック
―サンゴ礁の魚たちのすべてがわかる
ダイビングスポットとして絶大な人気を誇る沖縄を中心に、奄美大島や小笠原諸島など日本のサンゴ礁域でふつうに見られる魚をとりあげ、鮮明な写真と詳しい解説で紹介。魚の観察に役立つポケットガイド。
マリンアクアリウム 熱帯性海水魚および熱帯海洋性無脊椎動物300種をカラー写真をまじえて解説したもの。ほかにアクアリウム(養魚槽)の作り方、海水魚・無脊椎動物の飼育方法も掲載する。巻末に五十音順の事項索引、アルファベット順の学名・英名索引がある。
This Living Ocean
海洋生物の世界
半生を美しい海の世界に捧げた著者が、撮りだめてきた数万枚のなかから252枚を厳選。海藻、無脊椎動物、魚類、哺乳類の色あざやかな写真で、海洋生物の魅力を伝える。
日本の海藻―基本284 日本に生育する食用海藻、磯観察やダイビングで目にするものなど基本284種を、美しい標本写真や海中での生態写真、詳しい解説とトピックスで紹介する、これまでにない図鑑。
魚の分類の図鑑―世界の魚の種類を考える 世界中の魚を、分類学でいう目と亜目(近縁の科の集まり)のレベルでまとめ、特徴や最古の化石の時代、含まれる科の名称、各科に含まれる種類・分布などを、代表的な種類のカラー写真を添えて紹介。99年刊の新版。
伊豆の海・海中大図鑑 伊豆の海で見られる生き物を魚類とその他の無脊椎動物に大別し、オールカラーで紹介。魚類は「目」別に、無脊椎動物はグループごとに分類し、写真の下にそれぞれの和名・科名・サイズ等のデータを記載。2001年刊の改訂版。
駿河湾おさかな図鑑 駿河湾に住むさかなたちを、河口、沖合表層、陸棚、中深層、深海底など、その生息地域別に紹介。その他、駿河湾のなぞ、駿河湾トコトコ探検ガイドなども収録する。
日本の魚
〈海水編〉
フィールド・ガイド
"観魚人"待望の臨場感あふれるフィールド図鑑。日本産海水魚では初の全編生態写真構成。収録数471種520点と、ダイバー、フィッシュ・ウォッチャー、釣り人たちの人気魚を網羅。自然派・行動派に必携の1冊。インドアでも遊べる超鮮明、充実のネイチャーガイドブック。
日本の海水魚
フィールドベスト図鑑
日本の近海には、約3600種ほどの魚が知られているが、中でも水産上重要と思われる魚種を選び、その利用、料理を満載。思わず魚が食べたくなる海水魚図鑑。
海洋生物ガイドブック 海岸無脊椎動物約615種と魚類の約556種を収録したハンドブック。無脊椎動物を9の動物グループ、魚類を29のグループに分類、科、属、種の順で配列。1258枚のカラー生態写真を掲載。和名索引、学名索引付き。
図説 魚たちの世界へ 共生という知恵、求愛と縄張り、魚の変身…。魚たちの暮らしの不思議な行動を追い、海中の写真撮影をライフワークとして取り組む著者が、日本の沿岸にすむ魚たちの生活を写真と解説を通して伝える。
世界文化生物大図鑑 魚類 魚類概論、魚類の生態と行動、分布と生息ほか、系統分類に基づいて約1000種を収録。最近20年間の、魚類の系統についての形態やDNAの塩基配列に関する情報の蓄積を反映させた、86年刊の改訂新版。
Reef Fish
Identification -
Tropical Pacific

太平洋ほど私たちの想像力を膨らませる場所はありません。未開の地もまだ多く、ある島々にしか棲息しない魚のなんと多いことか。今まで著者たちが撮りまくった中から種類毎に1〜3枚の写真を使い、手短にしかし要を得た解説を施しています。最新の分類にのっとった学名を紹介、写真には細い線を容れヴィジュアルな鑑別に役立ちます。種類数は圧倒的で、海域もインドネシアまでカヴァーしました。価格も抑えられお買い得ですが、今後10年は使える集大成とも言えましょうし、海水魚に興味を持つ人なら必携と言えるでしょう。
ハゼガイドブック 日本列島の潮間帯下部から沿岸で見られるハゼ類約70属280種を掲載。約400点の写真と詳しい解説で、種の特徴、見分け方、分布、名前の由来などを説明。不思議な生態、興味深い話題を取り上げたコラムも満載。
ウミウシ
ガイドブック
ダイバー&アクアリストにうれしい、ウミウシ専門ガイドブック。オールカラーで300種類を掲載、写真総数500点。よく見られる季節、棲息環境、観察地点、観察水深、体長など、全種類を詳しく解説する。
ウミウシ
ガイドブック〈2〉
慶良間諸島の海に生息するウミウシを紹介した99年刊に続くウミウシ専門ガイドブック第2弾。伊豆半島の水辺で見られる普通種から稀少種まで250種類をオールカラーで紹介。全種類に詳しい解説を付す。
エビ・カニ
ガイドブック
日本近海の華麗なエビ・カニ類約200種を、美しいカラー写真で紹介する、ダイバー&ナチュラリスト必携のガイドブック。磯遊びやダイビングでのウォッチングに役立つ解説付き。多彩で不思議な海の世界をお楽しみください。
エビ・カニ
ガイドブック〈2〉
沖縄諸島・久米島の海で見られるエビ・カニ類約240種を、美しいカラー写真で紹介する、ダイバー&ナチュラリスト必携のガイドブック。エビ・カニ・ヤドカリのユニークな生態を紹介するコラムも充実。
イカ・タコ
ガイドブック
日本近海のイカ・タコ類約70種を200点余りのフィールド写真で掲載。海中での不思議な生態や興味深い話題を、美しい写真と充実したコラムで徹底紹介するビジュアルブック。
ヒトデガイドブック 日本沿岸産のヒトデ&クモヒトデを約150種(新称25種)掲載。生態写真を中心に、特徴、見分け方、生態、分布などを詳しく解説。また、ユニークな生態、不思議な現象などのコラムも満載。
ヤドカリ観察事典 ヤドカリは、巻貝の殻で身をまもり、過酷な磯の大自然とたたかって生きています。わたしたち人間は、パーソナリティーという仮面で、なにをまもり、なにを実現しようとしているのでしょう。小さなヤドカリの発する問いには、あなどれないものがあります。巻貝の殻を背おったヤドカリは、子どもにとっても、おとなにとっても、なかなか興味深い生きものです。小学中級から。
サメ、真実の世界―モイヤーさんと海のなかまたち 海の悪役のイメージが定着してしまったサメ。サメといっても、いろいろな種類がいて、危険といえる種類は決して多くない。本書では、サメについてのいろいろな知識を伝え、ひとりでも多くの人に、サメという生き物のすばらしさに気づいてもらうよう努めた。
ゆかいな魚 大集合―井上慎也写真集 沖縄の海にすむ小さな魚たちの表情を捉える。
美しく澄んだ沖縄の海で、ごく普通に見られる小さな魚たちと仲良くなった著者が、友達感覚で捉えた「かわいい」「美しい」「ゆかいな」表情を鮮やかに構成する。

THE JELLY FISH クラゲの誕生は魚類よりも古く、はるか10億年前のこと。時空をこえて、いまも悠々と漂っています-。クラゲの写真集。
海べの動物
子どもたちが自分の力で海辺の動物たちの名前を調べられるよう、分類中心ではなく、目でみた形を中心に展開。海辺で観察して採集できるものから、海辺に打ち上げられて目にするものまで収録。
水の生き物 水の中にすむ無脊椎動物のおもなものをまとめた図鑑。最新の写真を多用した標本ページと水の生き物の不思議を紹介する生態ページの2面構成で、子どもたちの好奇心に楽しくこたえる。発展的内容の記事も充実。
おもに日本国内と近海に生息する魚の代表的なものを取り上げた図鑑。14に分けた標本のページ、代表的な魚の一生や生態を写真で紹介したページ、魚の歴史や身体のつくり、飼い方などを紹介した魚の資料館の3部で構成。表記のなかまはおもに目で分けその中で科のレベルに分類。標本の各項目には標準和名と魚の写真、体長、分布、住みか、食性と特徴の解説を掲載。巻末に魚名の五十音順索引を付す。
魚の学習用図鑑。魚の体の特徴や生態をイラストと写真で平易に解説する。図鑑の部分と、「さかなの世界(実験と観察)」の部分で構成される。排列は魚の種別。巻末に五十音索引がある。児童向け。
さかなとあっぷっぷ!―どきどきにらめっこ みんなの顔が一人一人違うように、魚たちの顔もいろいろ。にらめっこしながら魚たちがどんな風に暮らしているか見てみよう。いろいろな魚の正面顔が登場する「顔図鑑」風の写真絵本。
海と川の魚たち たくさんのむれで海をおよぐイワシやマグロ。池や川のメダカやコイ。深い海のアンコウ。こどものためのはじめての動物のくらしの図かん。
漢字なんでも大研究〈第5巻〉動物・魚の漢字事典 「けものへん」に「良い」で「狼」!?動物と魚の漢字について、漢字のなりたちや、その動物が登場する慣用句・ことわざなどを紹介。
さかなの寄生虫を調べる 誰もが悪いイメージをもつ寄生虫だが、ひとつの「生き物」に変わりはない。海洋や湖沼、河川にすむ魚類や貝類など、さまざまな生物の寄生虫を研究してきた著者が、実体験をもとに「生き物」としての寄生虫たちの魅力を紹介。
日本産魚類検索
全種の同定
本書には日本列島、琉球列島周辺の太平洋、日本海、東シナ海、オホーツク海、天皇海山の沿岸から外洋、浅海から深海までの海産魚類、河川や湖沼の淡水魚類、河口や汽水湖の汽水性魚類について、2000年8月までに公表された種のすべてと、2000年11月までに公表された日本初記録種、未同定ながら標準和名を付して予報的に公表したものを含めて合計352科3887種類が収録されている。複数の亜種や変異型で構成されている種があり、種としては3863種である。「科の検索」では各科の代表種、「種の検索」では各種の全形図(基本的に側面図)を示した。
日本産魚類生態大図鑑 日本列島とその周辺海域の淡水魚類・海水魚類のカラー写真を収録した図鑑。1916種を『日本産魚類検索』(1993年刊)の分類体系により排列する。生態写真は1種1点を原則とはせず、成魚と幼魚、雌雄、普通の状態と色彩変異など必要に応じて追加、計3084枚を掲載する。各魚種には和名・大きさ・撮影地・撮影者・学名・科名・解説を記載。巻末に科名・和名・学名の3種類の索引と参考文献を付す。
紀州・熊野採集日本魚類図譜 筆者が和歌山県と三重県の一部、いわゆる紀州・熊野と呼ばれている地域で採集した魚類を、現物を前に描き、それに地方名と自身の体験的解説を付した図譜。約700点を収録。筆者が和歌山県の北から尾鷲までの海岸および内陸で集めた魚類を描いたものと、魚類に関する調査研究とその中で得られた知見、聞き取りによる地方名調査に基づいている。掲載データは、標準和名、学名、科名、採取年月日、採集地、環境、漁法、個体の大きさ、その他附属情報など。和名索引、学名索引、標本番号一覧付き。
- 家にもクマノミ!―カクレクマノミ・フォトブック ながめてカワイイ! 飼って幸せ! カクレクマノミと海のお友だち。アクアリウム界のアイドル・カクレクマノミのラブリー・ショットを中心に、カラフルで愉快な海の仲間たちを撮りおろし。
- 魚介類に寄生する生物 これまで専門書でしか学べなかった魚介類の寄生生物に関する知識を平易に解説。水生無脊椎動物の寄生生物について、また増養殖魚以外の魚類、特に野生魚の寄生生物についての生態学的な知見を紹介する。2001年刊の改訂版。



トップページへ