えんのしたの魚たち
  LT(ロングテンタクルアネモネ)



60cm水槽にLT(ロングテンタクルアネモネ)を入れると共に、カクレクマノミの小さい方を換えてみた。

特に意味はなかったが、同じ事をやってもダメなような気がしたので試してみると、なんとその小さい方がLTに興味を示し始めた。

鼻先でちょこんと触手に触れると刺激を感じるのか、ビックリするように放れたと思うと、また近づいてくると同じ事を繰り返す。
良く見ているとイソギンチャクの毒に体をならしているような感じさえしてしまう。

そのうち体全体を触手に触れさせると大分慣れたようで、やがてすっかりイソギンチャクに入ってしまった。

その様子を大きいカクレクマノミは見向きもなかったが、翌日朝起きてみてみるとすっかり仲良く一緒にイソギンチャクに入っていた。

あれだけ苦労したのにこんなにあっさりと入ってしまって、ちょっと拍子抜けしたが見ていて気持ちが良い。

LTとは比較的触手がまばらについていてシライトに比べ触手も太く、足盤の下部がオレンジ色をしているのが特徴のイソギンチャク。

LTが良かったのか、コンビを代えたのが良かったかまた別の理由かわからないが、とにかくクマノミがイソギンチャクに入るのはちょっとしたきっかけのようだった。

こうして念願のカクレクマノミイソギンチャクの共生を見る事が出来た。

それにしてもこの光景は見ていて飽きないものだ。


飼育スタイル イソギンチャク のページ


LT画像1 LT画像2 LT画像3
LT画像4 LT画像5 LT画像6


次へ
 トップページへ