アカハライモリ ・両生類の本
爬虫・両生類ビジュアルガイド イモリ・サンショウウオの仲間―有尾類・無尾類 イモリ・サンショウウオの仲間の大図鑑。世界の珍しい種を多数紹介する。ペットとして飼育するための知識も解説。
目次  有尾類・無足類とは 有尾類・無足類の分布 サイレン科 サンショウウオ科 オオサンショウウオ科 ホライモリ科 アンヒューマ科 トラフサンショウウオ科 アメリカサンショウウオ科 イモリ科〔ほか〕
イモリと山椒魚の博物誌―本草学、民俗信仰から発生学まで イモリと山椒魚は、文化史の中でユニークな役割をはたしてきた。惚れ薬として名高い「いもりの黒焼」の謎、民話や伝説の中で活躍するイモリの妖怪、神様として祭られた大山椒魚、そしてウーパールーパーの幼態成熟、カンメラーの山椒魚実験…。民俗学・文学から生物学まで、分野を超えてはじめてまとめられた「有尾両生類」の博物誌。
目次 第1章 動物誌 第2章 イモリ学事始 第3章 イモリの呪術 第4章 ちいさな山椒魚たち 第5章 大山椒魚 第6章 サラマンドラ 第7章 工芸誌・文学誌 第8章 科学誌
いもり、イモリを飼う 5年生の飯森めぐみは、生き物好きな女の子。身近な生き物の飼育や観察を通して、成長してゆく子どもたちの姿を描く。13章全ての終わりに、めぐみの観察日記付き。
谷本 雄治
1953年、名古屋市に生まれる。岐阜大学卒業。身近な生き物を調べることが大好きな、自称“プチ生物研究家”。新聞記者をしながら、生き物を素材にした多数の作品を発表している
両生類の進化 両生類は最初に出現した四足動物であり、脊椎動物の中でもきわめて重要な位置にあるが、日本ではその重要性は十分に理解されていない。初めて陸に上がった動物たちの自然史をダイナミックに描いた、日本初の両生類学の教科書。
目次 第1章 両生類総論 第2章 現生両生類の進化 第3章 変異と種分化 第4章 史的生物地理 第5章 これからの両生類研究―自然環境の保全との関連
決定版 日本の両生爬虫類 フィールド観察、環境調査に役立つ写真図鑑の決定版。未記載種も含めた日本の両生類・爬虫類170種、外国産約100種を紹介。現時点で確認されている国内種すべてを収載した初の両生類・爬虫類図鑑。
目次 両生綱(有尾目 無尾目) 爬虫綱(カメ目 有鱗目(トカゲ亜目 ヘビ亜目))
野外毒本―被害実例から知る日本の危険生物 本書は、野山や川・海で活動する人たちに知っておいてほしい「危険な生物」を紹介するハンドブックである。それらの生物がどのような被害を与えるのか、「実例」情報と「予防」「症状」「応急処置」などを各生物ごとに紹介し、さらに生物たちの「特徴・習性」を紹介している。また、「現在医療情報」なども随所に収めてある。
目次 野山の危険生物(ヘビ類 イモリ類 カエル類 ヒル類 ムカデ・ヤスデ類 サソリ類 クモ類 ダニ類 ツツガムシ類 ガ類 甲虫類 ハチ類 アリ類 カ類 ヌカカ類 ブユ類 アブ類 マツモムシ類 大型動物 その他) 野山の危険植物(花粉症やかぶれの被害を与える植物 食べてはいけない植物) 海の危険生物(魚類 軟体動物 棘皮動物 節足動物 環形動物 刺胞動物 食べてはいけない海の生物 その他)
ハ・ペト・ロジー―爬虫・両生類と正しい付き合いを楽しむ雑誌 (Vol.1(2003.Nov)) ペットとしての地位を確立してきた爬虫・両生類の飼育のレベルを高めるために、知らなければならない野生下での生活誌を中心に、プロフェッショナルの希少な飼育例を徹底解説。
育てる ふれあう 飼い方図鑑〈7〉ザリガニ カメ オタマジャクシ カニ ヤドカリ カエル イモリ 学校で飼っている生きものの飼い方が、写真とイラストでくわしく説明されるシリーズ第7巻。ザリガニ、カメ、オタマジャクシ、イモリなどのからだのしくみ、水槽のととのえ方、エサ、世話のしかた、健康上の注意点などを解説。
目次 ザリガニ カニ ヤドカリ(サワガニの飼い方 日本のオカヤドカリ) カメ オタマジャクシ カエル イモリ
カメ・カエルなど両生類・は虫類の飼い方―ヘビもトカゲもカエルもみんな友だち クサガメやアマガエルなどの身近な種類から海外のものまで、飼い方をはじめ、病気の治し方、繁殖についても豊富なイラストで詳しく解説。また身近な両生類やは虫類の探し方、観察のしかたも説明する。〈ソフトカバー〉
目次 カメのなかま トカゲのなかま ヘビのなかま カエルのなかま サンショウウオ・イモリのなかま
どんな生きもの?はちゅう類・両生類〈2〉家や学校で飼ってみよう―カメ・トカゲのなかまとカエル・イモリのなかま 本書では、はちゅう類・両生類の採集のしかたや飼いかたを紹介している。飼育は、できるだけ、自然な条件でおこなうようにした。解説は、なるべく写真をつかい、わかりやすくした。小学中級から。
目次 はちゅう類・両生類のえさ カメ トカゲ カナヘビ ヤモリ ヘビ カエル イモリ サンショウウオ
カラー図鑑 カメ・トカゲ・ヘビ・カエルなどの飼い方―ビギナーでも大丈夫!は虫類・両生類170種 ビギナーでも飼いやすい170種のは虫類・両生類をカメ、トカゲ、ヘビ、カエルなど、種別にカラーグラフで紹介。ケージアドバイス、種別の飼い方マニュアルなどで詳しく解説。92年刊「爬虫類」の改訂。〈ソフトカバー〉
目次 個体別飼い方とケージアドバイス(トカゲの仲間 ヘビの仲間 カメの仲間 サンショウウオ・イモリの仲間 カエルの仲間) は虫類・両生類の種別飼い方マニュアル(飼育前の準備 飼育のポイント 飼育設備の基本 ほか)
両生類・はちゅう類 両生類・はちゅう類の子ども向け図鑑決定版。カエルやカメなどの基本的な知識から最新の情報までを、美しい写真とイラストで紹介。国内超一流の研究者が執筆します。特別付録・鳴き声CD図鑑(57種)つきです。
  子ども向け両生類・はちゅう類図鑑の決定版が、いよいよ登場です。カエルやイモリ、サンショウウオなどの両生類と、カメやトカゲ、ヘビなどのはちゅう類のうち、日本産全種を含む約500種を、国内超一流の研究者の執筆と、撮り下ろし中心の美しい写真で紹介します。また、特別付録として、カエルとヤモリの声計62音源(57種)を収録した、CD鳴き声図鑑つき。目と耳で両生類・はちゅう類の世界を体験できます。近年の世界的な環境破壊によって、まっ先に姿を消しているのが、この両生類・はちゅう類といわれています。本書は、環境問題を知り、考えてゆくきっかけとなる1冊です。また、小学校の総合的な学習の時間や理科の授業、あるいは夏休みの自由研究などにも、大いに役立ちます。
完璧版 爬虫類と両生類の写真図鑑 オールカラーで世界の爬虫類と両生類を400種紹介。見ているだけで楽しめる、独自のさく索引と用語解説付きのハンディタイプな図鑑です。
目次 両生類とは何か 爬虫類とは何か 両生類の繁殖 爬虫類の繁殖 両生類の食性 爬虫類の食性 体の動きと行動 防御行動 分布と生息環境 野生個体群の保全 観測と飼育 同定のための検索表 爬虫類(カメ類 ムカシトカゲ類 トカゲ類 ヘビ類 ワニ類) 両生類(イモリ類・サンショウウオ類 アシナシイモリ類 カエル類)
爬虫類・両生類 日本や世界の両生・爬虫類を約600種収録。すべてを写真で紹介し、生態などを詳しく解説しています。飼育の方法なども、種類別にポイントとなるところを細かく紹介しています。毒ヘビなど、人間にとって危険な種類には、警告マークも付けています。
目次 爬虫類(ワニのなかま カメのなかま トカゲのなかま ミミズトカゲのなかま ヘビのなかま ムカシトカゲのなかま) 両生類(カエルのなかま サンショウウオのなかま アシナシイモリのなかま) 爬虫類・両生類情報館
両生・はちゅう類―Wide color 世界の主な両生類とはちゅう類550種を収めた標本図鑑。はちゅう類の観察や研究、飼育なども解説します。
爬虫類・両生類800種図鑑 世界のトカゲ・ヘビ・ワニ・カメ・両生類および日本の爬虫類・両生類800種について、カラー写真と詳しい解説で紹介する、本格的な爬虫類両生類図鑑。〈ソフトカバー〉
北野勇作どうぶつ図鑑〈その6〉いもり 本書には、「曖昧な旅」「イモリの歯車」ほか不思議な紀行もの3篇を収めました。あのカメリも、福引きで当てたハワイ旅行に出かけます。“夢のハワイ”に―。北野さんならではの、どこか懐しくて、どこか切ない世界にひたってください。対象年齢、12歳以上。
大山椒魚 まぼろしの特別天然記念物、限られた清流にしかすまない世界最大の両生類オオサンショウウオの生態を初めて描いた、貴重な記録。
目次 序章 出会い 第1章 これまでの研究 第2章 その素顔 第3章 生息地 第4章 野外生態 第5章 繁殖行動 第6章 飼育する 終章 天然記念物の行方 索引 あとがき
美顔礼讃―両生爬虫類顔づくし あんな顔、こんな顔、カエルやトカゲ・ヘビ・カメなど「無気味」系の生き物たちが見せる思いがけない表情を大胆にとらえる。両生爬虫類が愛される理由もこれで納得。
いもり   日本の両生類・爬虫類   カラー図鑑 爬虫類―爬虫類・両生類と仲良くなる
アカハライモリの飼育のページ
 トップページへ